HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)381~390話のまとめ速報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

今回は、381話~390話に起こった出来事を簡単にまとめたいと思います。

今回も展開の移り変わりが激しく、キャラも膨大ですので、名前の間違いなどがあれば、ご容赦願います。

起きた出来事を淡々とまとめているので、細かいシーンについての考察は時間と、余裕があればやっていこうと考えています。

(再開期間が狭まっているので、こうやって保存する必要もないかな・・・)

381話 捕食

5日目 PM8時

ベンジャミンの私設兵リハンの能力「プレデター」がサレサレの守護念獣に発動。サレサレの念獣がなくなったことで、暗殺実行のウショウヒに交代。

382話 覚醒

ハルケンブルグ、ナスビーとの会話にて、王位継承戦を本格的に開始。念能力が解放され、監視していたシカクと配下のスミドリの魂を入れ替える。

サレサレはウショウヒの念能力によって死亡

383話 脱出

8日目 PM8時

センリツたちの協力の下、カチョウ・フウゲツが脱走開始。しかし脱走は失敗し、カチョウ死亡。

カチョウの守護念獣である「二人セゾン」が発動し、カチョウの姿となって、フウゲツの守護念獣をサポートすることに

384話 構想

7日目 PM10時半

ノブナガ、フィンクスとシャア=アが協力関係に

部下が他の組員を殺害した場合のカチコミの流儀をエイ=イのモレナが破ったことで、組同士の抗争が勃発

ツェリの特質系の念獣が覚醒する

385話 警告

8日目19時35分

テータ、ツェリの絶中に暗殺しようとするが、失敗。

ツェリの守護念獣に警告を受け、次に嘘をついた場合は人ならざるものになる。

386話 仮説

センリツとフウゲツ、カチョウ(念獣)は司法局にて一時期的に保護

シカクが死んだ場合、スミドリはどうなるかをシカクを自殺させることによって実験

387話 再現

385話の展開をベースに、ツェリの能力解明。

絶中に未来が見えて、その未来をツェリだけが改編できる。他のものは、定められた未来のとおりしか実行できず、それが実行できたものと錯覚する。

388話 思案

10日目 11時30日

クラピカ、念講習生を呼び出し、スチールチェーンでビルの能力を講習生に移すことで、強制的に精孔をあけさせる状態にする。

リハンはツベッパの警護につく。警戒心のツベッパの性格を受け継いでおり、念獣は出てこない。

389話 呪詛

9日目 10時

ベンジャミン一同、ハルケンブルグについて対策を講じる。シカクの死亡は、ベンジャミンの能力により確認。

バルサミコの提案により、ハルケンブルグを拘束する。第一回目の公判で決着がつく?

カミーラ、私設兵に呪詛隊を持っていることが判明。それぞれの王子のひとり、「ヨモツヘグイ」という能力を持った呪詛担当が配備。対象の王子を想い続け、条件を満たしたうえで、近くで自決することで、対象の王子を強制的な絶、条件がそろえば数日後に死へ至らせる。

ワブルの呪詛担当のサラヘルは、2回目以降の講習に潜入し、ワブルを呪殺する手はずを考える

390話 衝突①

チョウライの念獣の能力、いまだに不明。

シュウ=ウの組長であるオニオールは、ナスビーの兄弟で二線物。チョウライは彼の息子であることが判明。

オニオール、若頭のヒンリギに第3層のヒソカ捜索と、モレナの抹殺を指示。ヒンリギと精鋭部隊が本格的に動き出す。第4層にヒソカはいない模様。

エイ=イの構成員は、一般人が中心なため、マフィアのリストにも乗っておらず、殺害と抗争を最初から目的に計画されていた。

予想 391話以降

すでに、先週のジャンプの作者コメントにて、10週分のネームは完成しているとのこと。衝突①で終わっているので、マフィア同士の抗争を継続して、描く可能性が高いです。

それに並行して

①クラピカの念講習

②ハルケンブルグの公判

③ツェリに目をつけられたセンリツ

④ツベッパとリハンの心理戦

⑤マラヤームの守護念獣と異空間

これらが、どういう割合で描かれるか依然として不明です。10週のネームがすでに完成していることから、抗争関係を主体に続けていくのではないでしょうか?

最大の関心事として、とりあげられたヒソカの居場所は、今回もお預けでした・・・・

しんどい現実世界を生き続けながら、ハンターの連載再開を心待ちにしたいと思います。では。

ちなみにちょっとした考察記事もやっているので、よかったら見てやってください。

関連記事

ブログを最後まで、お読みいただき誠にありがとうございます。

もしよろしければ、雑記ブログでありますが、ツイッターにてブログの更新情報をリンクしておりますので、フォローよろしくお願いいたします。

ツイッター 司真

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。