きくばりゴールド 感想・レビュー 24金の鍼治療を自宅で手軽に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ある日、お客さんに「針のついたパッチできくばりってくれない?」と言われて、困惑する俺氏・・・

「それって・・・ロイヒ?それともエレキバン?」

上司にさっと出されたのが、この商品でした。

日進医療株式会社のきくばりゴールド

現在、冬本番で、肩や首が重いな感じやすい季節です。湿布薬もよく売れています。

鍼で効くという「効く鍼」と、気配りができているというダブルミーイングをにおわせる、なんともイカしたネーミングではありませんか!!

しかも、鍼には24金メッキを使うという謎の本気度を見せています・・・

ただ、高級感を出すものではなく、メーカーさんいわく、24金メッキにすることで、肌への刺激がよりマイルドになるらしいです。

ゴールドと書かれていますが、24金メッキではないバージョンも発売されています。

値段は、ドラッグストアによってピンキリですが、お高いところだと30枚で2000円以上します・・・フェルビナク配合の湿布並みの値段で、セルフメディケーションもついていないので、リスキーですね。

パッチは、しっかり包装と保護材によって守られています。

テープと圧粒子と金の鍼というシンプルな構造で、特に薬などが使われておりません。

鍼の長さは1.1ミリなので、痛みはほぼありません。ややチクチクする程度でしょうか。

尖った器具が、末梢神経を刺激して、外科的麻酔、痛みの緩和などを目的としています。箱の中には、「ここを刺したら効果的ですよ」というガイドラインもあるので、目を通してください。

鍼だけでなく、圧粒子も使われているので、指圧効果も期待できるのが、本商品のストロングポイントです。

メインは、首から肩中心にその日の気分によって4~8枚を利用した感想です。

まず、使用して2,3時間ぐらいで、首と肩の重りが少し取れたような気持ちよさがあります。今まで、肩を必死にもんだり、首をぐるぐると動かしてストレッチを試みたのですが、これを貼るだけのほうが軽くなった気がします。

腰に関しては、周辺に4枚ぐらい貼ったのですが、針が小さすぎて、しっかり浸透していない印象です。

あと、腰に貼る場合は、仕事終わりの自宅でリラックスした状態で短時間にとどめることをお勧めします。動き回ると、針が思いのほか深く刺さって痛いです・・・

長期間使ってしまうと、かぶれることはないにせよ、どうしても汗と混じって痒くなってしまいますね。

総括すると、軽い首こり、肩こりをお持ちの方には、一定の効果が見込めるでしょう。ただし複数貼る必要があり、価格もお安くないのでランニングコストが気になるというのはデメリットです。腰に対しては、腰痛持ちの人が、しっかりした効果を体感できるかどうかは、疑問です。鍼灸師に頼みたいところ。

母親がひどい腰痛で、かかりつけの医者で鍼治療をやってもらって、「見違えるようによくなった」と評価していて、それ以来、定期的に通っているみたいです。僕もヘルニア持ちなので、いずれ鍼治療を体験してみたいものです。

「鍼治療ってどんな感じ?」という疑問がある方なら、そのお試しとして扱ってみるには、良い商品です。今回購入したのは、30本(鍼なので本という単位?)入りでしたが、10本入りの1000円未満で購入できるサイズもあります。使いどころさえ押さえれば、非常に素晴らしい商品なので、気になる人は、ぜひ購入してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。