1日外出録ハンチョウ3巻 休日は尊い・・・だからこそ大人たちは必死になる

スポンサードリンク




肉体労働者のバイブル!!1日外出録ハンチョウの3巻が発売されました(888888)

さらに2018年は「中間管理職トネガワ」のアニメ化も決定(8888)←白竜さんが声優やってくれなかな・・・

でも、最近ね~ハンチョウを読むとすごく悲しい気持ちになります。

1日外出録ハンチョウ(3) (ヤンマガKCスペシャル)

1日外出録ハンチョウ(3) (ヤンマガKCスペシャル)

  • 作者:上原 求,新井 和也,福本 伸行
  • 出版社:講談社
  • 発売日: 2018-03-06

トネガワが平日、部下と上司の人間関係の板挟みになりながら必死に社会にしがみつく社会人の悲哀をコミカルに描いた傑作

中間管理録トネガワ(6) (ヤンマガKCスペシャル)

中間管理録トネガワ(6) (ヤンマガKCスペシャル)

  • 作者:福本 伸行,三好 智樹,橋本 智広
  • 出版社:講談社
  • 発売日: 2017-11-06

とするなら

ハンチョウは1分1秒とも無駄にできない限られた休日を必死に楽しもうとする大人の休日録

こういう形でしっかり棲み分けされています。

1日外出録ってタイトルから察知できるように、福本先生が創造した地下労働の歪なローカルルールはハンチョウでは緩和されていて、1日外出権を使って、部下(同僚)と一緒にエンジョイするという話です。

オーバーな話ですけど、「休日をしっかり与えてやるから、この低待遇で頑張れよ」って言われているあたり、契約社員の僕とハンチョウは似通っているところがあります。さすがにチンチロで同僚から搾取することはないですけど。

①将来的に週休二日、祝日も休めるホワイトに働きたいから学生時代は休みを返上してずっと勉強したり、人間関係の形成につとめました

②とにかく家族を養うなどのお金が必要だから休日返上で必死に働きます

③もう将来のことなんてあまり考えていない。まだ休みがあるだけましだからこの仕事続けます。

③が俺です。

でも休日を楽しむという価値観は誰だって平等じゃな~~~い。

休日が限りなく有限で、平日が果てしないルーティンワークだからこそ、僕らは必死に店を予約したり、テーマパークへいく道筋をスマホでせこせこと調べたりするわけです。

仕事が劣悪だからこそ、休日に楽しんだ時の反動も大きい・・・・でもこれ今やっている仕事を正当化しちゃっているともいえるんですよね。大槻自身が帝愛の養分を自覚していますが

特に僕のように趣味=ブログの人間はブログで伝えて、「あ~役に立ったわ」と思ってもらえる記事を探そうと血眼になってスポットととというスポットを探します。365日ポケモンGOしているようなものです。

でも意外となんの目的もなしに地元をぶらぶらしたほうが発見が多かったり、人気のいない裏通りで見つけた弁当屋が意外にうまかったりと何が人生の糧になるかわかりません。

1巻では美食家と休日の楽しみ方を熟知した大槻の老獪な一面がここぞとばかりに魅せつけられましたが、2巻以降はいろいろ失敗したけど、その失敗も良い思い出と人生の糧になった~というしんみりとしたヒューマンドラマの一面さえ開花させました。

特に3巻はただ冬の部屋で中年男性4人がだべる「六帖」と「明日」の2話完結が好きですね。2巻で地下労働の務めを終えて、良い人だけど少しずれているリアリティのある木村さんの家へ大槻たち3人が寄って楽しむってだけの話です。

せっかくの休みだけど自宅でゴロゴロしてしまって、休日を終えてしまったときって猛烈な後悔に苛まれませんか?

どうも、平日も仕事疲れでコタツで寝続け、電気代が大変なことになって父親に怒られた28歳の司真です

でも、自分が一番それを求めていたから休日でゴロゴロしていたわけであって、ゴロゴロすることで明日の仕事への準備運動にもなるし、逆にゴロゴロしたことの後悔を取り戻そうとしてやった作業が明日に繋がったりするので、意外と何の目的もなくただ集まる、ただごろごろすることも意味があるのでは?とおもわせてくれる話です。

あと仕事にしても学校にしても横のつながりっていうのはやっぱり尊いものです。

お互いの人間関係が酒を飲んだり、同じ場を共有することで深まっていくのは楽しいな~

なんか~感想にしかなってねぇな~(笑)

もし、ハンチョウを読んでいる人が学生なら、有り余る休日をどのように使うかというのを今のうちに考えて運用してみてください。逆に休日が全くない大人なら「ハンチョウを読んで休日の尊さを今一度確認したよ」という発見だけでも有意義な休日だと思います。

そう休日何もすることがなかったら

ハンチョウを読めばいい!!(強引)

皆さんも次の休日が最高の休日であることを心よりお祈りいたします。

本ブログはすべての労働者の休日を応援いたします!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。