10月新台ドラム式のゴルゴ13 感想 ラッシュは入らなかったけど、ドラム式の躍動感とアナログな楽しみは十分に満喫できた

スポンサーリンク

皆さんは、ドラム式のパチンコを打ったことがあるでしょうか?

ざっくり説明すると、スロットのリールをパチンコの役物にどかんと取り付けたものをドラム式のパチンコと言います。ドラムロールとかいう言い方もします。

現在主流のデジタルパチンコが、液晶上で図柄が動いてるだけですが、ドラム式は実物のリールがぐるぐると保留やチャンスパターンによって、動くので躍動感があったり、当たった時にしっかり図柄がバシーンとそろう瞬間が、非常に気持ちよい役物になっています。

アナログな印象ですが、やることはデジパチと何ら変わらず、スタートチャッカーに入れて、甘やライトミドルの確率で当たるかどうかを祈るだけ。ボーダーなどもそのまま使えます。

実は、僕はたまーーーにこのドラム式を打ちます。

やはり鉄板は、三共のクィーンでしょうか。海物語と同様に保留が多く、休日の低貸しでだらだらと遊べます。ドラム式専門では数少ない、ホールが導入するとお知らせする台になっています。

ドラム式がアナログでシンプルな当たりを楽しむ客をターゲットにしているため、甘かライトミドルタイプが多いです。ドラム式で319はあるかもしれませんが、お目にかかったことがないですね。

あとクィーンは当たれば、数回ですがSTが必ずついて、そのあとに電サポによる時短があるので、連荘性能は高くないものの、一度の当たりで一喜一憂しやすいつくりになっています。50%とか65%で天国と地獄を見る台は、なるべく打ちたくないですね……

というわけで、休日まったり打つには、ドラム式はかなりお勧めできます。騙されたと思って試してみてください。

さて、最近ではエヴァンゲリオンでさえもドラムになりましたが、今回は10月中旬に導入されたばかりのこいつを紹介。

みんな大好きゴルゴ13です。

僕は20代後半なので、ゴルゴ13に特別思い入れがあるわけではないですが、病院やホールで置いていたら、ちょっと読みますし、コンビニで総集編があったら購入して読んだこともあります。やっぱり読み切りだけど、奥が深いですよね・・・

正式名称は

FEVERドラム ゴルゴ13

のようです。

Vストックタイプで、「北斗無双」とともに低迷するパチンコへの一筋の光を魅せつけた、シンフォギアを作った三共による、Vストックタイプ第2弾です。

シンフォギアよりも当たりやすい確率分母159.8分の1の代わりにラッシュに入れるためには、5回転で10.5分の1を突破しないといけません。この突破率が40%といわれており、デジパチのように全回転や7図柄当たりで、ラッシュ直行という概念がなく、MAXラウンドを射止めても、絶対にラッシュの抽選をうけなければいけないのです・・・

ラッシュに突入すれば、10.5の確率を時短10回+保留4回の合計14回で受けられるので、実質継続率は76%ぐらいと言われています。掲示板を除きましたが、5連以上の報告がちらほらでました。

75%以上が出玉700発以上のBIGボーナスですが、最大16RのスーパーBIGは15%ぐらいです。確率分母は2倍ぐらいですけど、まどマギの金ビッグを引き当てるのと同じぐらいの労力がかかって、1890発・・・難しいですね。

残念ながらラッシュを体験することはかないませんでした。換金率の低い店でしたが1000円で20回転ぐらいは回ったので遊んでみました・・・・

1回目の初当たりが250回転ぐらい、2回目が200回転ぐらいでノーヒット・・・これがジャグラーなら設定1を確信して、即捨てますね・・・・

打ってみた感想ですが、ラッシュには突入しなかったものの、ドラムの動きは「高性能ドラム」と宣伝されているだけあって、高速や低速、一時停止などの緩急があって面白かったです。

見た目がシンプルですが、発行パターンがかなり多く、赤が点滅しまくるので、打ち始めは何が熱いのかわかりません。あと音声がかなり大きめなので、2か3に調整するのをお勧めします。

ゴルゴ13を演じるのは、大御所声優の大塚明夫さん。素晴らしい演技でした。

バンと銃声がしたら、ドラムが高速でぐるぐると動くシーンは、男ならだれでも胸が高鳴るかも・・・

ただ、ゲーム性はいたってシンプルなデジパチになるので、赤保留待ちや超A級スナイパー予告待ちです。

保留は点滅が圧倒的に多いですが、点滅単体なら青より期待度は高いみたいです。緑保留はミドルスペックのデジパチよりもしょぼいですね。疑似連もあるのですが、疑似連2連で終わったり、ノーマルリーチで何事もなかったように消えてしまいます。

逆に超A級予告は、何事もないハズれから急にそろったりします。逆に超A級を煽る場合は、まずそろいません・・・・・

ビッグリーチは、超A級の予告が入ってから、アイスバーグカットリーチへ移行です。そこからギルティフラッシュしたら期待度9割なんですけど・・・・

アイスバーグカットリーチは、大当たりへの王道リーチのようで、3連の赤7がぐわんぐわんと揺れながら、そろう様が新体験ですね。

(静止画ではわからない・・・)

スパルタカス決闘リーチも見たかったんですけど、2流とみなされました。

赤保留+超A級+アイスバーグカット+ギルティフラッシュで外れました・・・

もうかなり放心状態でしたね・・・そういう時に限って、保留があっという間に5個たまるんですよ(笑)

そして、挿入されるアナウンス

「ゴルゴ13は白のブリーフを愛用する!!」

だからなんやね~~~~ん!!

俺は、ユニクロのエアリズムのボクサーズブリーフを愛用しています・・・誰得

何度か流れましたけど、熱いリーチで外れた後に流れると、怒りを突き抜けて、腹がよじれるほど笑いそうになりました。

「ゴルゴ13の背後に立ってはいけない」

「ゴルゴ13はデューク東郷ともいわれている」

超基礎情報を大げさにアナウンスしてくれます。

次も赤保留はなかったんですけど、似たような演出でなんとか当たりました・・・・

当たれば、ラウンドの振り分けが行われます。どのラウンドになっても、公平にラッシュ抽選を行います。

ラウンド抽選は、ファインプレーのように玉を磁石でつけて、BIGかsmallかをみせてくれます。ただこれは出来レースみたいです。まぁ液晶でバーンと出されるよりは、興奮しますよ。

その後、ラウンド消化を下アタッカーで消化するのですが、最近のパチンコらしく下にはびっしりと釘が入っているので、パンクはしませんでしたけど、結構玉がこぼれます・・・・これはかなり残念ですね。

(すべて左打ちで完結できるのいいんですけど・・・)

なんと初当たりで16Rを引き当てましたが、普通のBIGから昇格っぽい形での告知になります。演出によっては、当たった瞬間に16Rがわかるものもあるみたいです。基本は700発で、来たらラッキーって程度ですかね~

大当たり後の保留をためる穴もまどまぎと似たような電サポです。

あっという間の5回転でした・・・私の苦行が・・・

1500ぐらいの出玉を得て、再び続行しましたが、ものの1時間で終わりました・・・

うーん、本当に超A級や赤保留がないと何も起きません。あれよあれよと青保留、緑保留の無駄死にの嵐でした。

演出の数がデジパチほど多くなく、プレミアムはセグなどが中心になっています。なので終日打てば、飽きが来る台ですね。やっぱりラッシュに突入させてナンボですね。

確率分母も中途半端で、出玉を多少減らしてでも甘で出した欲しかったな・・・打ちつづけていけば、収束していくと思いますけど。

周りでは、「デジパチを作る予算がなかったのか?」って冷やかしもあるんですけど、クィーンへのリスペクトしたプレミアム演出があったり、ドラム式で新しい風を起こそうぜという気概は十分に感じます。それに三共側もVストックが世の中に受け入れられ、その貴重な第2弾であり、ゴルゴ13という国民的に知られた漫画を題材としているので、打ってみれば単なる手抜き台ではないということは、感じるはずです。

逆に手を抜かず過ぎて、演出がくどいところもありますね・・・クィーンレベルであっさりしたドラム式を打とうと思ったら、版権物だと難しそう。

いつもリップサービスで使っていましたが、これは本当に低貸しで降りたら、休日一日使って打ちつづけたい機種です~~~。というより海物語はじめ、有名なデジパチのドラムバージョンがよく出ているので、1パチになっているものがあったら、随時打っていきたいですね。

最近、新台をブログで書くようになりましたけど。

鏡-18000

バジリスク絆-12000

ゴルゴ13-16000

うわ・・・一か月で46000円少なくとも負けている・・・・道理で、俺の楽天銀行がもりもり減っているわけだ・・・・次の休みはおとなしく家で寝ることにします(宣告)

4パチを打つ体力は・・・住民税が普通徴税になって、かなりの痛手になったので、来月以降は冬の時代が到来します・・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。