ウイニングイレブン2020の体験版を遊んで思ったこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

今回は、ウイイレ2020の体験版を遊んでみたので、その感想です。

僕は、ユベントスの公式ライセンスや、イニエスタの監修が入っているという情報から、応援も込めて、いままでFIFAを買っていましたが、ウイイレ2020を予約しました。

(ワールドサッカーがいつの間にかなくなってますね・・)

がっつりプレイされるなら、レジェンドエディションなどを購入した方がいいですし、海外では、ユベントスエディションが出るとか・・・・続報に期待です。

さて、今回のウイイレ2020の体験版ですが、グラフィックが綺麗で、パートナーシップ契約している選手は、全身をモーフィングしているので、表情の再現度がさらに上がりました。

ただ、外面以上に、細かい動きなどが飛躍的によくなっている気がします。

ボールをキープしながら、ディエンダーにプレスをかけられている攻防など。

今回はフィジカルが重要で、クリロナやルカクなどは、ドリブルで突破しているときに相手にブロックされても転ばずに、そのままボールがキープできるみたいです。

そして、態勢によってパスの精度や、シュートの強さもかなり変わります。このあたりもリアルに寄せているな~と感心しました。

プレイフィールは、「もっさり」という声が大きかったのですが、その分、パスやスルーパスがうまく決まって、鋭いシュートをゴールに突き刺した時の喜びもひとしおですね。

他には、ディフェンダーやキーパーが前方へロングフィードする場合は、重心を後ろに下げて蹴りこんだり、無理な体制でクリアする場合はスライディングしながらクリアしたり。

選手でいえば、ピアニッチのシュートモーション、カウンターを仕掛けるときのロナウドの脅威のダバダバ走り・・・そしてあのセレブレーション

体験版ながら、ベータの側面もあって、ネットやオンラインでの要望について細かくアップデートがされているみたいです。

導入当初は、少し触れただけでファールを取られる局面が多く「バスケか!!」って意見が多かったのですが、現在はかなり緩和されている模様。

現実のサッカーでもペナルティエリアでなければ、足が交錯したら結構な頻度で、ファールとられるイメージですけどね。

(選手がファールに不服なリアクションをするのもリアルだな~)

調子に乗って、オンラインも遊んでみましたが、やっぱ下手くそで、上積みもなかったので、洗礼を受けました(笑)

パスの精度だったり、ゴール際でDFを出し抜くうまさなどが、全然違いますね・・・

近年、eスポーツとして特化しているだけあって、上級者のプレイング向上や、テクニック議論は日夜かわされているみたいです。僕も人並みにうまくなりたいな・・・

設定で、同じぐらいのプレイングの相手を選べるみたいですけど、レートシステムなどではないため、あまり機能していないかもしれないですね。

(このままリヴァプールRで収録されるんでしょうか・・・)

(カンセロは、シティで輝いてほしいな~)

ブログ内関連記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。