任天堂×サイゲームズが送る2018年スマホゲー注目度ランキングトップの「ドラガリアロスト」の前半を遊んで

スポンサーリンク

久しぶりにスマホゲーを遊びました。

任天堂×サイゲームズの新作アクションRPGのドラガリアロスト」です。

「ドラガリア・ロスト」が区切りで正しいです。ドラガリで略されているので、ついつい4文字で区切っちゃう・・・

この名前って一目でどんなゲームかわかりませんよね。「ドラゴンアロスト」だったら龍のゲームなんだってイメージわきますけど。略したドラガリっていわれてもピンとこないです。思い切って、「ドラゴンファンタジー」とか「ファイナルクエスト」でよかったのかな(おいおい)

CM放映されていると思いますが、国民的なスマホゲーって実写の役者さんがプレイしている映像をとかをみせて、親近感を出させているんですよね。

特にサイゲームズの出世作だった、グラブルなんて菅田将暉にグラブルを連呼させただけですからね。でもそういう掴みが宣伝で重要なのだと気づかされました。(広告で働いているわけでもないですけど)

さて、早速3章まで遊び、イベントもそこそこで、スタートミッションも網羅したので、いろはは、学べたと思います。

申し訳ないですが、プレイして間もないので、補足しきれていない情報もありますし、かなり箇条書き的な内容になることをご了承願います。

アクションはシンプルで派手、スタミナ制は疑問、強化システムが非常に多いが導入が親切で隙間時間の作業がはかどる

グラフィックは解像度「普通」でも3DSよりは綺麗ですね。ただ、それは見た目やテクスチャが綺麗なだけで、3Dモデリングは大雑把なところがあります。

ゲーム性なんですけど、白猫プロジェクトに似てると言われています・・・そういえば去年はプニコンの権利問題で任天堂ともめていたな・・・(タッチ操作に関する権利を独占しようとしていたため、任天堂はDSの時から権利を保有していたが、あえて看過していたらしいです)

移動はスラッシュしてそのまま押し続けると進行方向に進みます。攻撃はタップします。必殺技や竜と同化して強化するスキルはアイコンをタッチします。かなりシンプルで派手な戦闘ができますね。ただ、長押しの攻撃とかあるんですけど、判定がやや厳しめです。

(竜への変身は派手ですけど、すぐ終わりますし、トドメで使うことが多いです。逆にこれで倒しきれないとつらい)

(ロード時間やダウンロード時間も入りますが、1プレイあたりは非常に短く3分あれば十分です)

基本は、道中の雑魚を蹴散らしつつ、奥まで進んでボスを倒せばクリア。クエストによっては、制限時間以内に全滅とかありますけど、バリエーションはそこまで深くないです。

ちなみにスタミナ制です。プレイヤーレベルってのがあがるとスタミナが増えますけど、まぁよくあるスタミナ制です「あれ?このゲーム面白いかも」って感じたらプレイできないスタミナ制です。

属性の相性やらあるんですけど、まだ序盤も序盤なので気にせず遊べています。

育成・・・というか強化要素をも多く、キャラクターを強化するのは

  1. キャラクターのレベル
  2. 武器レベル
  3. 護符レベル(プレイヤーに能力やステータスアップを施す装飾品のようなもの)
  4. ドラゴンレベル
  5. マナサークル

単純に5つもあるんですよね。「えー一気に覚えるの面倒」って思うんですけど、他のスマホゲーよりも経験があり、ノウハウもあるサイゲームズなので、ゲームを進めて段階的に、しかも実際に操作を促しながら丁寧に教えてくれます。

(竜との親交を深めると、竜化時間が長くなったり、強化アイテムがもらえます)

強化アイテムは、モンハンの農場のように自生できたり、ドラゴンと交流してもらったり、定期的に行われるイベントで獲得したり、強引にリアルマネーで買うこともできます。

クエストを攻略して、自動で上がるのはキャラクターのレベルに限定され、あとはアイテムを消費する必要がありますので、慢性的な素材不足に陥りやすいといえます。まぁ・・・商売上手ですよね。

戦力をあげるためには、この全てをそつなく上げる必要があります。特に星5に恵まれなかった難民の方々は、重要です。

容量が多く、テンポは少し悪め。アクションを心行くまでは楽しめない

ゲームをインストールしてからも、ストーリーやクエストを進めるごとにダウンロードが必要になります。少ないもので5メガ、多いと30メガぐらい要求されます。(一括ダウンロードはオプションから可能)速度制限がかけられるとエラーになることもあります。

容量の問題か、ストーリーとクエストが分断されています。ストーリーも面倒ならスキップできますが、ローディングは待たないといけないです。

携帯ゲーム機との垣根をなくそうと、ボーカルソングを積極的に取り入れたり、ストーリーをフルボイスにしたり、演出を派手にしたりと努力は見られますが、重くなるのが嫌で、メニューは2D表記にしましたし、やっぱりスマホゲーに求められるのは、サクサク感かなと思います。サクサク感を勘違いして、手軽にしすぎた作品は多いので、そこの塩梅は難しいですけど。

ちなみにボーカル付きの戦闘ですけど、ボーカルはオフにできますし、声色はいいんですけど激しい戦闘にあっているかと言われたら微妙。ボーカルオフの方が僕は好きです。

あのアーティストにゲームの主題歌を歌わせた走りであるテイルズですら、ボーカル付き戦闘曲ってあんまり採用していないんですよね。

でも、アビスのルークとアッシュの一騎打ちの時のメロディだけの「カルマ」・・・あれは燃えたね。

ストーリーは・・・あんまり没入できない

ストーリーについて、唐突に始まるのであんまり理解していないですけど、ある王子が国を守るために、王位継承で認められるためにドラゴンと契約したが、国に帰ると帝国になっていて、ドラゴンを使って各国を蹂躙しているという事実を知って・・・という流れですね。

なんだかFF4っぽいストーリーですね。

(いわくつきのDS版FF4・・・いつかは遊んでみたい)

スマホゲーは疲れた電車の中でもプレイするので、あんまりストーリーは頭に入っていません。

いいなと思ったのは、各キャラごとに個別ストーリーがあって(しかもメインキャラならフルボイス)キャラへの愛着が増すとともに、ガチャとコンテニューである石ももらえるんですよね。あとドラゴンにもそれぞれストーリーがあります。まさに一石二鳥・・・なんてね。

ストーリーは初回からスキップができて、スキップしたときにそのストーリーのまとめが見られます。すごい便利。

あと、タッチ連打で会話を飛ばしがちですが、ログ機能があるのがありがたい。

あと声優が、内山昂輝を筆頭に家庭用RPGの主役を張る面子ばかり・・・大作RPGへの出演経験豊富な方ばかりで、分かる人による起用って感じです。

ガチャは星5のカテゴリーが多いので、狙ったものは当てづらい・・・

ガチャは無課金で、10連を5回ぐらいやりました。残念ながらキャラクターと召喚キャラのレベル5は手に入らず・・・でも護符のレベル5は二つゲットしました・・・

(吉田さんの絵・・・やっぱり好きだな~)

ストーリーのメインキャラはみな星4です。普通のスマホゲーなら星3にしますけど、ストーリーを重視するだけにメインキャラも使えるようにしたんでしょうね。でもやっぱりハクスラを愉しみたい人はストーリーにこだわらず、星5をそろえたいですよね。

僕もスターターセットの3000円を購入するか迷いました。(星5キャラ確定+10連が引ける)でも、ストーリーがちゃんとあるのに、それ以外のキャラを使うのあんまり好きじゃないんですよね。FFも4や9みたいにキャラの職業と性格がはっきり決まっている方が好き。

星5のキャラもいれば、召喚キャラ、装飾もあるので、目当ての星5を当てるの・・・相当にしんどいでしょう。

今後、任天堂とコラボしているので、ゼルダのリンクやFFのマルスなんかが出る可能性が高いです。みんな必死にガチャるでしょうね・・・確率は表示されていますけど、なにか救済措置は必要でしょう。

以上が感想です。スマホゲームで一番クオリティが高くて、良質なアクションRPGを作ろう!!って意気込みを感じました。スマホゲームのいきつく先というのは、有名な版権とのコラボに行きがちです。ゲーム性で数年以上遊ばせようと思ったら、どうしてもそれに頼らざるを得ないですから。システムを広げるにも限界がありますし、特にこういうアクションゲームは幅を持たせるのが難しい(スマホでの操作の制約的にも)。

スマホゲームという制約の中で、ベストを尽くしている作品だと思います。

最も感心したのが、導入の細やかさですね。

漫画形式で基本システムをおさらいできたり(無料でいつでもメニューから復習可能)、10連チケットがもらえるスタートミッションを習うと、応用を身につけられたり(聖域をレベルアップすれば、施設を一杯増やせるとか)、そして、ロード時間中は細やかなTIPSが見れます。家庭用ゲームでは当たり前だった親切さをしっかりスマホで再現しているんですよね。

スマホゲームって「スマホがあるんだからググれるでしょ?」って感じで、不親切な導入のゲームが多いですけど、感心しました。

もし、このゲームが大成功を収めれば、ユベントスのスポンサーでもあるサイゲームズです。ユベントスにさらなる補強が可能になるかも(笑)

ちなみに、12月のスマブラSPに本作の主人公「ユーディル」登場の可能性を予想しておきましょう。ドラゴンになるのが最後の切り札で、スキルもありますからね~

おそらく2018年時点で、スマホゲームとしての演出、スペックを存分に発揮したゲームであることは間違いないでしょう。これからもちょこちょこ遊んで記事にしていきたいと思います。

(デコキャラ+アクションRPGの中では一番プレイした作品。レベルファイブへの評価も変わりました。主人公が勇者であるってことが固定観念で、武器が弱ければ鍛冶屋になって鍛えるし、ステータスをあげたければ料理を作る。細かいアチーブメントが達成されており、短時間で楽しめ、ダンジョンの奥深くまで進むというやり込み要素も膨大)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。