ディスクアップと103%がもたらす 養分打ちへの影響ブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

どうも、養分パチンカスです。

巷では、ディスクアップが話題ですね・・・話題ですね・・・何か月前の話題やねん!!

しかし、設定1のフル攻略がジャグラーの設定4ぐらいに相当する機会割103、4%!!

子役を取りこぼさず、ボーナス察知も速やかに行い、BIG中のビタも完璧。

そして、重要なのが貯メダルするってことですね。この103%はあくまで、等価交換での値なので、非等価で交換すれば、たちまち割りを減らします。

「果たして103は本当にあるのか?」ということで、YOUTUBERでもひたすらディスクアップばっかり打ち続けている人がいますね。逆にリゼロばかりをうっている人もいますね。

親父打ちとか、いろんな機種を打ちまくるという企画は、大手に勝てないので、一か所集中で濃ゆい情報やこだわりを持つことが、YOUTUBERとして重要なのかも。

僕も撮影OKホールがわかるなら、ひたすら羽根物の実践動画を撮ってみたい・・・という願望はあるのですが・・・

話を戻しますが、ディスクアップって、ARTはついとるんですが、言ってもAタイプで、設定1ならボーナス確率が180を超えるので、103の機会割といってもその日その日でどこまでを辞め時として作るかってのも重要でしょうね。

まぁ、103%を信じて、タコ粘りする人もいるでしょう。

そして、設定1のコイン持ちが50枚当たりで約32ゲーム。

47枚交換のホールで、適当にうってみましたが、1万円がものの30分でなくなりました・・・俺の諭吉・・・

ネットを調べると、万枚近くあった貯メダルが1か月ぐらいで溶けてしまった報告もあります。

ARTがつき、2分の1でまとまったゲーム数のARTのダンスタイムに入るので、1回あたりのボーナスの獲得期待枚数は400枚を超えると言われています。

かなりの波の粗さなわけです・・・

つまい、甘いとか勝てるとかいわれていますが、目押しができるできないよりも

まずはまとまった軍資金を用意することと、近くでそれなりに導入されていて設定をいれる概念のあるホールのチェック、そして会員カードを作る。この3点セットが必要みたいですね。

ディスクはベタピンと言われていますが、どうせ100を超えるから設定をいれるというホールもちらほらあるみたいです。

あと、並べてしまうと下手な人はしり込みするので、あえて島をつくらず、1台1台離しているホールもあります。

僕もハナビをうって、ひたすら1枚掛けで「はいってないな~」って首をかしげたら、隣の人に「目押しが外れてますよ」といわれて、すっごく赤面しました・・・ありがたいと思う一方で、低貸しなので好きにしてよ~と思うことも(笑)

ディスクアップは目押しマニアだけの機種ではなく、液晶演出もありますし、バズーカ筐体に耳を犯された現代の僕のようなスロッカスでも納得の大音量。(大きくしすぎたら隣に迷惑をかけます)

演出でボーナスを比較的早めに察知してくれるので、一部のアクロス機にあるような、リーチ目がわからければ、永遠に投資してしまう・・・ということはないですね。

とはいえ、ハナビのように対応リーチ目に応じた、ボーナスを知っていないと最速でそろえることが難しくなり、完全攻略から遠のきます。

面白そうなので、時間があればちょくちょく打とうと思います・・・

ただ、どれだけ素晴らしい出目を発見できたとしても、僕はクレアシリーズの

チャンス目のあとにチャンス目がやってきて、クレアが液晶で大アップで映る

この演出に勝てる、スロットはAタイプやATを探してもないのではと思います(笑)

正直、甘さと完全攻略と目押しが先行しすぎて、打たない人も多いですし、撒き餌さとして使われているがゆえに、低貸しで置かれているホールがあまり見られないという点では不遇な台です。

いつかハナビのように5スロでも積極的にみられる台になったらいいと思いますが・・・

ちなみに河原町デマッセでは1000円470枚交換の実質2スロ台で1台設置されています。楽しみたい方は活用してみてはどうでしょうか?

勝てる勝てないも重要ですが、自分にあった適正なレートで楽しむのが、パチンコパチスロと長く付き合う秘訣・・・かもしれないですね。

技術介入云々の話もありますが、ジャグラーにも少なからず判別要素はありますし、パチンコでいえば、甘いと言われている北斗無双もラッシュ中の止め打ちで、ベースがかなり変わってくるわけです。

突き詰めて言えば、情報、技術のいらないパチンコ、スロットはないわけで、そんなのあれやこれや考えても面白くないわけです。(実際にハイエナや設定判別で勝ってる人は、面白いとおもって打っていないという人が多いようです)

趣味打ちなら、趣味打ちならではのこだわりや面白さを追求していく。それも大事なんじゃないかな~と思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。