フレディで緑帯にいけた喜びを書く 僕は君が吊られるまで夢状態をやめない!!

スポンサーリンク

ランクを上げるのが大変なのは、サバイバーかキラーか・・・永遠の議論になるでしょう。

サバイバーは自分が下手でも、他の3人が上手ければPIPSが減る可能性が低くなります。逆に救助などを意識して行わないと+2PIPSがつくことはまずありません。

逆にキラーは、汎用パークをほぼそろえているサバイバーと低ランクでもマッチングしますが、追跡する、殴る、倒す、吊るすというキラーらしい行動を繰り返すだけでPIPSは上がります。

ということで、念願のランク12の緑帯にいきました~本当、紫や赤の人ってすげぇ・・・

「爆音ドクターのすすめ」って記事を改めて書こうと思っていましたが、フレディを使っているうちに面白くて、4人全員倒して、すべて虹評価ってことも多かったので、フレディの魅力を語りたいと思います。

 (何回も吊りまくらないとできないので、格下だからと言って取れるとも限らないオール虹)

フレディの性能をおさらい

ドリームトランジョン(以下トランジョン)にサバイバーを入れて、ドリームワールド(以下ワールド)で追いかける

ドリームワールドに入るまで、フレディはサバイバーに攻撃できず、準備段階のトランジョンに入れてから、ワールドに入るまでノーアドオンで7秒間と速度低下のペナルティがあります。

ドリームトランジョンに入れるには、L2で出る射程10mの火をあてます。火を出している間は、フレディの移動がほぼ低下せず、回数は無限の射程攻撃です。

もう何もわからないときはL2をおして、視点をぐるぐるして適当に索敵しても、ヒットすることがあるぐらいに便利です。隠密サバイバーへの抑止になります。

トランジョンに入れてから7秒のインターバルがありますが、その間にサバイバーの動きを見て、「フレディ慣れしている、チェイスに自信がある」と感じたら無視することも手です。

DBDの優れている点は、サバイバーがランク通りの強さならキラーが不利ですが、サバイバー、マップに不慣れ、不適切なパークを持っているサバイバーが、ほぼ紛れている点です。人間だけで対戦するから生まれる穴です。

上級キラー使いは、強ポジを把握し、そこにすかさず駆け込むサバイバーをしつこく追うことはしません。しかし、他のサバイバーがチェイスが下手、こちらに有利な板を倒してくれるという確信、経験がなければ、なかなか難しい。

それに引き換え、フレディはとりあえずトランジョンに引き入れてしまえば、放置すれば、可視化、短時間でも発電時間50%という絶大な遅延効果を及ぼし、相手にストレスを与えられるので、放置した時間を取り戻しやすいキラーです。

裏を返せば、フレディを使っているなら、小屋に逃げて窓枠を使った強ポジをひたすら使用するサバイバーを早く見切らなければ、トランジョンからワールドへの7秒+チェイス時間が余計にかかってしまいます。

次にチェイスですが、フレディの強みは心音範囲外のサバイバーが強調表示される点です。しかも赤シルエットで行動が筒抜けという一番強い強調表示です。

これを利用して、状況によって、無理に追わず、いったん離れて、平地に逃げたと思ったら奇襲、油断したサバイバーがセルフケアを使用しているところを奇襲。

脅威範囲の音楽は普通に流れますが、追われ続けるということはサバイバーにとって精神的な負担です。さらに追っている相手が攻撃とチェイスがめっちゃ下手ならなおさら(僕のことです)

セルフケアのスキルチェックでミスられると、覚醒しますが、DSで逃げられても夢状態が続くので、DSの有効性を少し下げる強さはあります(遅延されるけど・・・)

何度スカってもいつかあてる!!、板を倒されても壊しまくって後半有利にする。根気は必要ですけど、それに見合ったキラーです。

フレディはキャンプしてもしなくても有効なキラーです。

子守歌が聞こえても、姿が見えないから平気で近距離救助するサバイバーもいますし、救助までにしゃがんでやりすごそうとしても、適当にぐるぐる索敵したトランジョンに引っかかるサバイバーもいます。周回キャンプからのトンネルが有効なキラーです。

逆に、姿が見えないので「近くで見張っているよ」と牽制することができず、最終的に1~2人目は3回吊りすることが多くなります。(だからこそ虹評価もらえているんですけど(笑))

おそらく紫~赤ランクになったらそのあたりの警戒をしてくるとは思いますが、現時点では無謀に救助しに来たサバイバーと助けられたサバイバー両方トランジョンに持ち込めてラッキーというケースが多いです。

パーク構成は、まぁテンプレです

(レベル50を回しまくりました…)

野蛮な力(板割り)

アプデで発電機を蹴る速度まで上がった板割りパーク。フレディは探知性能が強いので、なくてもいいんですけどまだ、強い板、弱い板の判別がついていない筆者には、補助輪として必要…

フレディは、発電機をサバイバーからミスらせることができる唯一のキラーなので、発電機を素早く蹴れると、トランジョンとともに遅延速度も上がるかと。まぁ、あって不便のないパークですね。

ルイン

フレディはワールドの遅延があるおかげで、ルインがあればなお強い、ルインがなくてもなんとかいける遅延性能を持つキラーです。ドクターと比較されますが、ドクターは不安やオーバーチャージなど能力にコンボできるパークを必要とします。単体の性能ならフレディの方が上ですし、電撃を浴びせる苦労を考えると楽です。ただし、後半になれば複数に状態異常を持ち込めて、ある程度しか回復できないドクターにはドクターの良さもありますけど。

バベチリ

フレディは何回も吊るし、救助した相手も吊るしやすくて、バベチリのポイントを稼ぎやすいキラーといえます。探知については、どでかい子守歌で遠方を察知したとしても、よほど鈍感でない限り、すぐ逃げられます。ポイントが極まったら、他のパーク(囁きなど)を採用検討でしょうか

観察&虐待

心音を下げて、強調表示できる範囲を広げます。視野が広がる効果も、まわりにモヤがかかるフレディの性質と相性がよく、トランジョンのターゲットを見つけやすいです。

チェイスで確実に相手を見逃さない自信がある人は、外してもいいパークですが、見落とし、少し離れて、セルフケアしたところを叩くという場面が多かったです。観察&虐待をつけてなかったら、セルフケア中に失敗して覚醒orセルフケアで回復されて遅延されることがあったと思います。

・・・・とまぁ、初心者に進めておいて、全部がティーチャブルというひどい始末であります・・・

タナトフォビア&ナースコール

観察&虐待が成長していなければ、ナースコール変更でもよいかと。フレディは探知性能が高いので、ナースコール不要と考える人が多いみたいですが、フレディの仕様を知っていて、近距離でセルフケアをするサバイバーは結構多く、そうしたサバイバーへのケアになります。普通のキラーで保険としてナースコールを入れるよりは、探知性能をより強化するという目的で入れられるパークです。

一方、タナトはトランジョンに入れて、負傷させるとセルフケアはワールド解除に使われるので、治療遅延を狙って採用検討です。殴って、近くにサバイバーがいたらトランジョンしてまた新たに殴ってで、2~3人負傷が安定するマッチもあります。

ただ、どのキラーにも言えますが、タナトは安定しませんし、効果が実感できません。(ルインはトーテムを探してもらうことに本当の効果があるので)

狩りのスリル&デボア

吊るし回数が多く、ドリームワールドで探知してサバイバーの動きを読みやすいフレディならではのコンボ。他のキラーでも採用されていますが、ハマればつよい典型的組み合わせ。ノーワンの方が条件緩いけど、進んで吊りに行くのって楽しいじゃない?

アドオンにクラス写真をつけた時に一度狙ってみたいコンボではあります。

以上が、フレディを使用した雑感です。

お膳立てが必要なタイプのキラーですが、その行程が非常に簡単で、遅延+可視化というキラーにとって喜ばしい効果づくしです。

果たして、お鯖様ご立腹の今回のアプデでセルフケアの弱体化がされるかわかりませんが、現在思案されているセルフケア弱体化案(一気に治療しきらないとバーがゼロに戻る)が採用されると、サバイバーに怪我のまま覚醒するか、夢のまま治療するかの二択を迫りやすくなります。

つーか、フレディ強化されないかな・・・気長に待ちましょうか。

もし、紫帯になったらまた追記しようと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。