コンクールジェルコートF 感想・レビュー 歯科医も推奨 歯磨き粉のトレンドはジェル? 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

今回は、歯医者でよく売られていて、ドラッグストアでも売られている、歯磨き粉・・・しかもジェルタイプを紹介です。

コンクールのジェルコートFです。

コンクールは優秀な歯磨き粉を世に出しているウエルテック株式会社という会社から出ているブランドです。

歯科科学的なアプローチから出された商品を中心として、マウスウォッシュのコンクールFを筆頭に様々なオーラル商品を出しています。

(うがい薬のように、コップに入った水に適量いれるタイプです。殺菌成分の高いマウスウォッシュらしい性能)

様々といっても大手製薬会社と違って、毎年バンバン出しますではなく、こだわった性能のある商品を定期的に出すというイメージです。

中心商品は、コンクールFと歯肉活性を主としたリペリオ、そしてこのジェルコートFになります。

(歯肉がすぐにへたれるので、これを一回使ってみようかな)

ジェルコートFは名前の通り、ジェルの歯磨き粉です。一般的な歯磨き粉と異なり、研磨剤、発泡剤を使っていません。

研磨剤を使っていないため、電動歯ブラシにも扱えて、歯のエナメルを傷つけません。

発泡剤を使っていないため、少し磨いただけで粉が泡立つことがなく、「磨いた気になる」ことはないです。一般的な歯磨き粉を使用するよりも粘って使い続けることができて、結果的に歯垢の除去に繋がります。

後発のリペリオは、歯肉活性の成分が配合している分、殺菌作用はないです。(そのためコンクールFとの併用推奨)

そして、ジェルコートFはGUM同様に、これ一つで殺菌・抗炎症・そしてフッ素を950ppm配合しているので、虫歯予防、歯周病予防に効果があります。前述の「磨いた気にならないからしっかり磨く」と合わせて、歯石除去後に使用する歯磨き粉としては、ベターな選択肢の一つです。

磨き心地も軽快なミントフレーバーで、きつすぎず、適度な清涼感で磨ききることができます。磨いた後に歯磨き粉の味が蔓延するのが大嫌いなんですけど、これはそんなことがないです。

ジェルも適度な粘り気があり、これをさらさらさせるまでしっかり磨くことで、口内の粘着もきれいにとれている気がします。歯磨きの仕方を忘れたら、買いなおす一品として検討できますね。

一方で、美白効果や知覚過敏には、縁が遠い商品です。刺激が少ないので女性向けかもしれませんが、性能は基本に忠実ということです。

一つ当たりドラッグストアによりけりですが、800円後半から1000円近くします。歯磨き粉としてはやや高額な部類。一つ当たり2か月近くは使用できます。

上述のように、歯磨き粉としての性能よりも磨くことに意識を向けさせている点に注目したいです。ジェルタイプの歯磨き粉を使用したことがない人は、一番ポピュラーなジェルタイプになるので、使用をお勧めします。コンクールの中では主力なので、これを求めるお客様もいますし、結構品切れにもなるんですよね。

(ジェルタイプは希少なので、使用歴のある人も少ないでしょうが、一度使うとジェルでないと嫌という愛好者が多いのも事実です)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。