地域限定のキャメルナチュラルフィルターはわざわざ買う価値があるの?

スポンサーリンク

十三で購入したタバコレビュー第1弾!!

今回はキャメル・ナチュラルフィルターの紹介です。

以前、本ブログではキャメルファミリーのブラックとホワイトを紹介しました。

キャメル ブラックボックス 感想 タール10 チェーンスモーキングによって化ける甘さ

(画像抜け、申し訳ございません)

今回は東京、神奈川、大阪の主要都市限定販売のややレアなキャメル・ナチュラルボックスの紹介です。

外観はまさにラクダというグラディエーション豊かな茶色。中央には銀色で象徴となるラクダが記載されています。存在はしっていましたが、一部地域限定は知らなかったんですよね。本当に旅で偶然見つけたタバコは嫁を質に入れても買うべきです・・・質にいれる嫁がいませんけど。

見た目ですがコルクチップフィルターを採用したすごーーーくシンプルな外観です。裏面には

「最も上質な葉をブレンドしたタバコです。無添加、無香料。一般的な味を発見しました」(ド下手意訳)

アメスピに対抗意識を燃やしておりますな~

さて、そのナチュラルなキャメルは一般のブラックとはどう違うかを思い返しながらレビュー

実際に吸ってみた

キャメルブラックは人工甘味料的な甘さといがらっぽさを持っていましたが、こちらのナチュラルは非常にスムースで逆に甘さは控えめです。だからといって酸味が強調されているわけではなく程よい苦みが主体となっています。後味がほんのり甘い程度かな?

ブラックとナチュラルの違いは露骨な違いというより、ラークのマイルドとクラシックマイルドのように「方向は同じだが軟派か硬派か?」というぐらいの違いです。わかりにくいですけど結構微妙なところです。

メジャータバコだとメビウスやWinstonファミリー(特にキャビン)が近いかなぁという印象です。

味はやや薄めですが、チェーンスモーキングを重ねるとパッケージの茶色から感じてしまったのか、ナッツ系のローストされた甘さがほんのりと香ってきます。コーヒーとの相性はいわずもがな抜群です。

個人的にチェーンスモーキングをすると露骨に角砂糖のような甘さを伴うブラックの方が印象深いタバコで、ナチュラルと表記されているだけあってこちらはかなり地味なキャラクターとなっています。タール10にしてはパンチも薄いです。

地域限定にしている割には驚きは少ないですし、そもそも本家本元のキャメルがタバコ屋限定に見合うだけのクオリティってわけではないので、どちらも中途半端な味わいというのが正直な感想です。メジャータバコの味で代替できそうな時点で個人的にはイマイチな評価です。

無添加無香料ですけど、アメスピ、スモーキンジョー、チェを差し置いてまで吸うの?というのが素直な感想。

といっても政令指定都市のどのいくらレアなタバコ屋であっても地域限定で囲われている現状、これを持っていることで目立つことはできるでしょう。「俺、茶色のキャメル持っているんだぜ!!」(ググれば1分でわかるようなことも意外と効果的に着飾れる)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。