令和はお一人様の時代 物欲まみれと自己投資をいかにつなげていくかが、これから生きるヒント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

思えば「物欲まみれ」ってタイトルがついているのに、全然消費してないやん!!って批判が飛びそうな、どうも、司真です。

今回は、物欲について他のサイトを参考にしながら、僕なりに考えてみたいと思います

スポンサーリンク

なぜ、僕らは物欲まみれになるのか?

「類は友を呼ぶ」ってわけになるんですが、僕の周りは

  • 彼女がいない
  • 高収入ではない
  • 物欲が高い

という傾向にあります。物欲というか金銭欲とも言い換えられますね。ギャンブル好きも多いので。

生涯未婚率は1970年から2015年の45年間で、男性の場合

1.7から24.3に爆増しました。

この中には、僕のように子供がいなくて、家族と同居している。養育費、教育費、住宅ローンから一歩離れた人たちが多いわけです。

つまり、自分で自由に使えるお金が多いのです。

職場でもお小遣いに泣いている上司は多いです。でも家庭の話をしているときは嬉しそうなので、それでトレードオフになっていると思いますが。

あと女性遊びが好きな人も僕を除いて全くいないので(笑)、まさしく「自分のために使う」お金を確保している人が多いです。

誰かに迷惑をかけているわけではないので、将来のために投資や貯蓄という思考の人もあまりいないです。

僕は一時期、狂ったように仮面ライダー玩具を買いあさっていました。

最初はベルトから買い始めて、関連アイテム、映像作品、そして武器玩具まで手を出しました。

さらにさらに、全く見たことのないスーパー戦隊のロボットまで「なんかかっこいいな」という理由で何万も払って使い込んでいました。

現在は、半数以上を売り払いましたが、振り返ってみると

「えげつない自分へのご褒美」

でした。

アイドルやアニメ、戦隊、ファッションなど日々情報がアップデートされて、商品が更新されていくものを趣味にしてしまうと

①常に時代の最先端についてきている

という優越感

②物が増え続けていることで、疑似的に成長している

という錯覚を覚えるようになります。

物欲があるということは、物が買える状況にあるともいえます。(なかにはリボ払いなどで破滅的な買い物をしてしまう人もいるでしょうが)

仕事が辛い=今がつらいとなると、今がつらいことを「今生きていることが楽しい」と塗り替えるように、時代の最先端の商品を買うことで、現実逃避を試みます。

②は、例えば過去にほしかったけど、金銭的な余裕がなくて買えなかったものを買えたということで、自分が疑似的に過去より成長した存在になったという確認。

「こんなものを買えるように俺はなったんだ」と自分に酔う儀式だと思います。

物欲を満たすことは、現実逃避と疑似的な成長を満たすことになります。

僕は残念な子で、幼少期からごねにごねて、親からいろいろおもちゃを買い与えてもらったのですが、それを自分の働いた賃金で手に入れることにすっかりはまってしまいました。

これが、物欲にまみれる構造の一端です。

物欲も度が過ぎれば、過去のトラウマや精神的な病へつながる恐れもあります。

果たして物を買うことが、目的のあるものなのか、ストレスの解消なのか、衝動的なものなのかを言い聞かせる確認は必要かもしれません。

例えば、フィギュアを買うとして

「それは、前から本当に必要だとおもったものなのか?」

「そのフィギュアを買ったら、他の類似品をしばらく買わない自信があるのか?」

「そのフィギュアを飾るスペースがしっかり確保できるのか?鑑賞する時間もとれるのか?ただ押入れにしまう所有欲だけなのか?」

こういう確認をした方がいいかもしれません。

(一度作ってから、押入れにしまい続けています・・・いつかメルカリのお世話になるかも・・・)

物欲の反対は自己投資なのか?

モノにお金を払い続けるのではなく、、コトに払って、自分の成長を促す。それは確かに聞こえはいいですね。

僕もお金を自己投資に使うという考え方は好きです。

でも、僕は物欲まみれだったら、日々、ブログを更新していません。

闇雲ではなく、その時は理由があって「これがほしいとおもって買ったんだ」という感情だけは強く残ります。感情によって行動したことって、なかなか記憶から離れません。

それが積み重なって、知識となることもあります。

タバコやお酒の消耗品にしても、「1日これだけ使ったら1年でこんだけだぞ」とおせっかいな警鐘を鳴らす人もいますが、タバコによって人間関係が円滑に進んだり、ストレスが紛れる人もいますし、消耗品を買わないことでストレスがたまって、1日を棒にふることもあります。

僕は、物欲と自己投資を切り離すのではなく、物欲を利用して、自分のこれからの成長にいかせるものを買おうと言いたいですね。

フィギュアを大量にもっているなら、SNSで情報発信して、そこから人間関係をつくって、コミュニティを形成できれば、それも一つの自己投資です。

CDを集めていくうちに趣味が高じて、イベントにいって、非日常的な体験をすることも一つの自己投資です。

性欲がなければ、基本子供ができないように、物欲がなければ行動意欲や、機会が薄れます。

過度な物欲も考え物です。物欲が働きすぎているということは、もしかしたらあなたの周りにトラブルが頻発していたり、あなた自身が過度なストレスと不安を抱えている可能性があるからです。

しかし、無理やりミニマリストや片づけの天才を目指すことも考え物で、物欲ということはあなたの性格であり、あなたのやりたいことの指標にもなります。

物欲を利用して、人生の幅を広げるという俯瞰的な立場に立つことが重要ではないでしょうか。

参考にしたブログ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。