三条京阪から徒歩3分 おひとりさま安心のお安い洋食ビュッフェ ムッシュいとう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

今回は三条京阪から徒歩3分ほどとアクセスが抜群によく、999円(税込み)という安さで、一人客も多く一人で利用しやすい洋食ビュッフェを紹介したいと思います。店名は「ムッシュいとう」。安いですがチープな感じはなく、ホテルの地下なので贅沢で広々とした空間で、一人でも開放感のある空間になっています。

ムッシュいとうは、朝は和食ビュッフェ、昼は洋食ビュッフェを提供している飲食店です。地下一階にあるため、少しわかりにくいですが、隠れ家的な趣もあり、男性、女性関わらず少数または一人で利用されている人が非常に多いです。

ビュッフェは「一人で心置きなく好きなものを食べたい」というおひとりさまの需要を含みながら、最低でも2~3000円したり、家族連れをメインターゲットにしていて入りづらいという店も少なくないです。

2000円に近いですが、野菜が豊富なビュッフェも過去に取り上げているので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ひとりで利用しやすい 安くて種類が豊富で開放感がある

安い、メニューも豊富、ひとりでのびのびできる空間が作られている

この3点でムッシュいとうを強くおすすめできます。かくいう私も3回以上は利用していますし、友人と一緒に二人で利用したこともあります。

ランチビュッフェは999円となっており、税込みなので1000円札さえあれば利用できます。注意点としてはドリンクバーは別途料金が発生します。(お水はもちろん無料です)

中は席とバーがパーテーションで区切られています。一部、バーを眺められる席もあります。

完全なひとり席はありませんが、2人席をゆったり活用されているお客様が多かった印象です。

 

ここ2年ほどで3回ほど利用していますが、メニューに大きな変化はなく

オムレツ
スパゲティ
ピザ
ピラフ

などなど、洋食の基本的なメニューが網羅されています。もちろんサラダなども充実しています・・・完全肉食ですいませんが。

また白ご飯もあるのもポイントです。

低価格のバイキングは過去に何度か利用しましたが、味付けが若者向けに濃くなっていったり、甘い、辛いといった一辺倒な印象が強かったです。

一方で、ムッシュさんのピラフなんかは、淡い甘さでお米の甘さがしっかり感じられます。

個人的な感想ですが、一番おいしいのは右下にあるフィッシュフライですね。これにタルタルソースを豪快にかけます。昔はトマトソースもあってかなり美味だったのですが、2019年に再訪したときは、タルタルソースだけになっていました。

使われている白魚の柔らかさはややばらつきがあるものの、肉厚がしっかりしていて、衣もカラっとあげられているので、白魚の柔らかさと衣のサクサクが絡んでメインとしてがっつり食べられるものになっています。

おひとりさまに合わせた日常ビュッフェの今後 安いだけではないビュッフェの魅力

これから安い低価格のビュッフェはランチ、ディナー問わず注目されていくと思います。

まず利便性として、注文して作られるのを待たずに自分のタイミングで自由に食事をとれます。

忙しいサラリーマンでも、休日の学生でもそれぞれにあわせてゆっくりと時間を管理できるというのは、現代の日本のライフスタイルに沿ったものになっています。

またビュッフェというのは、選ぶ食材や量など友人や恋人といくと気兼ねしてしまうことがあります。

僕も含めおひとりさまのお客さんは、2~3皿に好きな具をのせて好きなように食べていました。この自由度と開放感はビュッフェならではですね。

様々な料理を取捨選択できる、開放的な空間で食事がとれる、そして外食そのものも日常とは少し違った、リラックスできる環境です。

できることなら1000円代にすれば利用しやすいですよね。コストを維持することは難しいですが、物価が上がることで牛丼屋でも定食でプラスアルファすれば、簡単に1000円超えてしまうんですよね・・・

ブログでは他にも三条周辺のスポット、飲食店を取り上げています。安い、おいしい、何度でも行けるお店も複数掲載していますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。