ブログ初心者は、コメント機能を切って、どんどんアウトプットに専念すべき理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

どうも、最近アクセスとアドセンスが徐々に全盛期に戻ってきそうな、司真です。

最近、ブログのコメント機能を切っているのですが

ブログのコメント機能は、アクセス数にほぼ影響ないですね

これは、あくまで一般ピープルの立場であって、言論人や物申す系ブロガー、炎上系ブロガーなどなら、コメントで読者とコミュニケーションとって、それがバズるってことがあるかもしれません。

スポンサーリンク

ブログコメントはストレスにしかならないことが多い

正直、ブログのコメントって、批判は当然ですが、応援も多少ストレスになります。

自分が、何気なくかいた話題でも

「この情報は○○です!!」とドストレートに返されて、返答に困ることがあります。無視すべきか、愛想笑いで受け流すか・・・

たまに、誠意のあるコメントの人とやり取りする中で、常連になってくださるかたもいるのですが、常連になっていただいたら、一度でも返信を怠ったら無視したと思われるのも、結構辛いです。

Twitterのようにいいねやリツイートといった、「相槌」のようなコメントを介さないリアクションが、ブログのコメント機能にはほぼないのも手痛い。

ちなみに、文章の誤字・脱字や知識の間違いについては、真摯に受け止め改善しますが、いわれのない批判は、ただマウントを取りたいだけとか、こちらが

「では、あなたならどうしますか?」と様子をうかがっても、返答はありません。愉快犯的な輩も多いです。

そういう人たちにいちいち心を乱されて、更新のペースが落ちる方が、ブロガーにとっては、負債ですからね。

承認制にしたとしても、一度はコメントに目を通すプロセスが必要なので、煩雑さと精神的なリスクは変わりません。

ディープなコミュニケーションが必要なら、SNSを使ってしまえばいい

そもそも、ブロガーというのは、発信してナンボです。それがしょうもない情報でも、価値のある情報でも。

生きていて、何気なく生きているだけでは、自分だけの情報も、ブログという媒体を通して、不特定多数に情報が渡っていって、社会がよりよくなっていくと妄想するのが楽しいのです。

そういう点では、ブログのコメントもディープな情報交換という役割がありますが、ほぼすべてのブログサイトにおけるコメント欄はページの下位ですし、ブログ主が、承認制にしてしまえば、開かれたコミュニケーションにはなりません。

メリットがあるとすれば、コメント発信者がブロガーで、コメントとともに、ブログURLを貼り付ける宣伝ができるという点ぐらいでしょうかね。たまに、Gメールをつける人もいますけど、そこまでの交流はしませんからね・・・まず。

基本ブログでは、情報を発信するだけにとどめています。一応、お問い合わせ先として、メールアドレスをのせています。(ただ簡単な質問であるなら、ツイッターのDMなどのほうが、嬉しいです。メールはプライベートでも使用しているので、埋もれる可能性があるので)

現在では、ブログ内に、line、ツイッター、メールアドレスを併記しているブロガーが過半数を超えるので、コミュニケーションは、わざわざブログで開いた状態にする必要はないでしょう。

もし、あなたが物申す系の言論プロレスが大好きなブロガーなら、コメントで炎上しているさますらも、エンターテイメントになる可能性はありますが。

そういう、特異な例を除いては、一般ブロガーにコメントを置くメリットって、ほぼほぼないです。

情報が選別されていく社会

Googleのアルゴリズムの傾向を鑑みるに、検索されやすいブログというのは、キャラクターをおしたり、はったりでみせつけるような記事ではなく、整然とした情報の羅列である傾向にあります。

コメントがにぎわっている=読み手のためになっていると判断されている可能性は、0ではありませんが、それ以上にユーザーの滞在率であったり、ブログ内リンクを移動しているかという概念の方が優先されている気がします。アナリティクスは、Google側も活用しているのでしょう。

なら、僕たち中小ブロガーが、取り組むべきことは、有益だと思う情報をとにかく発信して、量と質を重視することです。

目の前のいさかいや、なれ合いに時間をとられることが、ブロガーにとってはあまり好転しないことが多いです。

もし、あなたがブログ記事に悩んでいるのなら、一度SNSやブログのコメントから一歩身を引いて、初心に帰って、白いキャンパスに自分の伝えたいありのままの情報や日常を反映させていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。