ブラックデビルの生まれ変わりブラックスパイダーのガラナを試してみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ブラックスパイダー?なんだそれは

秋葉原のタバコ屋で見かけて、衝動買いしました。

公式サイトもあります。

僕が、紙巻タバコから離れている間にいろいろ起こり、ブラックデビルが昨年、国内の輸入販売を「品質が安定しないため」という理由で終了したみたいです。

柘製作所より

その代わりとして柘製作所からブラックスパイダーというブランドが新しく始動。

ブラックデビルは、タバコを教えてくれた知人が「これは結構レアだから」と強く勧めてもらったタバコです。今では、僕の方がはるかに知識をつけてしまいましたが(笑)

ブラックデビルはオランダでしたが、ブラックスパイダーはタンザニアで生産されているみたいです。

7月に

  • アマゾンガラナ
  • ジンジャーエール
  • チェリーコーラ

とカクテルフレーバーから始動。

そして11月になってココナッツミルク、チョコレートなどブラックデビルの代替としての味わいがようやくそろっているらしいです。

全て試してみたいですが、タバコを吸える環境が全くないので、時間がかかると思います。

とりあえず今回はアマゾンガラナを買いました。価格は460円と増税前の値段。もともとブラックデビルも少々安かったですからね。

フィルターはメントールタイプが使われているみたいですが・・・

箱を開くと、なんともいえないチョコレートと紅茶のフレーバーが・・・アークロイヤルを思い出しますね。これだけで楽しめるってぐらいの強い匂いです。

でもね、肝心なのは味です・・・

実際に吸ってみた

まず、最初に僕は3か月ぶりに紙巻を吸うので、紙臭さが異常に感じました。これは好きな銘柄のピースでも同じことです。

ガラナは炭酸飲料で、スキマスイッチの曲にも同じ名前がありましたね。

(いつか買ってみようかな・・・)

確かに吸い口はスパイシーな感じです。もともとバージニア葉なので、酸味が強調されていますが、さらに酸味が際立つタバコです。逆に当初あったあのチョコレートと紅茶の匂いは、火をつけると薄れますね。

吸ってみると、意外にもビターな味わいという意外性がありますが、素直にこれはいいといえる味ではありませんでした。

いずれ、ブラックデビルのようにフレーバーのない、バージニア葉だけの味わいもでるでしょうか?

まずは、ブラックスパイダーのココナッツやチョコレートあたりを吸ってみないと比較はできませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。