レビューは高くないが、ユニバーサルのバジリスクⅢのアプリのクオリティは高い

スポンサーリンク

この記事は純粋にパチスロアプリの面白さをレビューしたもので、ホールでの実践を促すものではございません。

ひと昔前、PS2などで実際のホールでリリースされている北斗の拳などの名機をシュミュレーションできるソフトが話題になりました。それが現在ではアプリで無料で遊べたり、いろいろ機能を追加しても2000円以内に収まるという何とも便利で財布に優しい時代になりました。

パチンコ、パチスロと聞くとホールとセットで条件反射的に「悪の権化」と忌み嫌いたくなるかもしれませんが、版権曲を贅沢に使用したり、アニメーションを多用して、原作にリスクペクトのある改編を行ったり。演出面においてはゲーム機に勝るとも劣らない見せ方をする台がいくつか台頭してくるようになりました。

その最たる機種としてあげられるのがユニバーサルのバジリスクシリーズです。そして今回紹介するのはバジリスク3です。アプリ本体と設定変更などの追加要素を含めて2000円未満でそろいます。運よくセールの時だったのでもう少し安く済みました。

「おいおい、絆じゃないのかよ~」と言いたいところですが、アプリとしての完成度は総合的にみればバジリスク3の方が上です。

まずバジリスク3は対応機種が公式サイトより載せられています。対応機種外であると返金含めたサポート対応を受けられないとのことです。

バジリスク3 対応機種

ただ僕が持っているアクオスセンス(SHV40)はなんなく起動しました。さすが2017年リリースされただけあります。ミドルエイジですけどアニメーションは一切カクつきがなく、ART中は3D戦闘がややカクつくかな?でも気にならないレベルです。素晴らしい。

ART中のねんどろいど3Dへの批判が強い本作ですが、通常時のアニメーションはとても多様性があります。ホールでは気づけなかった演出の強弱を家庭用ではしっかりと見定めてプレイできますね。

バジリスクⅢはスロットアプリの中では比較的新しいだけあって、映像美が素晴らしいです。画面をタッチすることで画面比率を大きくすることができます。

リールウェイトの削除や設定変更も購入して追加してシュミュレーターとしての利便性が増しますし、高速オートプレイ中は右下の停止ボタンをすぐにおせば即座に通常プレイに戻って、もう一回押せば再びオートになるので「ここは自分で操作したい」というところを細やかにコントロールできます。

チャンスベルは本当に確率のわりに仕事しない・・・・

ホールと違って、急いで打つ必要はないので、瞳術チャンス中の「愛する者よ、死に候え」もフルで聴けます。なんとアニメーションもフルで用意されていたんですね。1番でループしているのかと思いました。最後にはバジリスクのDIEジェストが流れ、最後の弦之介が見せる勇ましい構えはバジリスクファン感涙ものです。こういう「実は細かくつくっていたんですよ」というところが発見できるのがいいですね。

ただいくつか不満点もあります。

まず容量です。バジリスク絆より2倍以上の容量を必要とします。3.6ぐらいでしょうか。絆が1.7ぐらいだったように記憶しています。容量のでかさはプレイの滑らかさに直結しています。絆をプレイするといたるところでカクつきます。オートプレイにしてしまうとそれが顕著です。

要領はでかいですけど、本当に映像はなめらかなんですよね。2000円未満でこれを楽しめるのは相当にお得。

近年、SDカードで容量を足さずとも32Gから販売するスマホも増えていますし、飽きたアプリはアンインストールしてしまえばいいです。

次に遊びに関して、絆は上乗せ特化の真・瞳術チャンスからいきなりゲームをスタートできますが、Ⅲにはそれがありません。真・瞳術は一定確率であらわれる鬼哭シュウシュウを待って、そこで強制役で出現させるしかありません。ちなみにバジリスクチャンス(純ボーナス)の強制役やフリーズ強制役はちゃんとありますのでご安心を。

設定6を回した感想ですが、CZを占う発展で絶望的な青タイトル「地獄の釜からの脱出」であっても7割近い確率でCZにいきますね~。やっぱりCZ確率は別格ですよ。ただCZに入ったとしても一番下が確率40%なのでまぁぼかぼか外して600G以上の深いところまで連れて行かれます。絆と違ってこの辺りが難しいですよね。ほぼCZ経由のゲーム性なので。

それぐらいでしょうか・・・

バジリスクⅢは絆と違って、チャンリプからボーナス直結して高純増ATへというワンチャンが狙いにくく、当たりをみるためには基本100~200の周期をまわすことになるので、20円などの高レートでうたれている状況は少ないですし、低貸しでも2や絆を主体で置いているホールが多くて、1~2台って割合もざらです。

こうした出玉性能は低くても、自力のゲーム性があったり、演出に細かいこだわりの魅せている機種がアプリによって日の目を浴びるということになってほしいです。純粋に遊戯として楽しむにはこれも一つの道です。

Googleプレイのレビューなどでは★3つ以下。起動しないなどの報告もあがっているので、あなたの機種と仮に起動しなかったとしてもそういうものだと割り切ることも必要です。(お金はらっているのに・・・ですけど)

個人的には非常によくできたアプリです。バジリスクファンならスルーする理由はないでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。