とうとうアズレンはじめました のどスプレーはこれを買え!!

スポンサーリンク

こんにちは、ある日突然のどが痛くなったので、喉スプレーを買おうと思いました。

まず候補にあがったのが、小林製薬の「のどぬ~るスプレー」。喉奥へ直接噴射できるノズルがあって、宣伝もされているので真っ先に候補にあがりました。

ただ、先生に相談すると「これは、殺菌と消毒はできるけど、炎症は抑えられませんよ」と回答が来ました。

はてさて・・・

主成分はヨウ素で、これは殺菌成分があるみたいですが、喉の腫れや痛みにはまるで効果がありません。

効能効果には「のどの殺菌・消毒」しか書いていません。

公式サイトを見ても

殺菌力の強いヨウ素が有効成分として配合されており、ウイルス・病原菌の表層タンパク質を変性させて死滅させます。

気になるのどの患部に濃い殺菌成分をシュッと吹きかけることで、のどの痛みや風邪の原因となるウイルス・病原菌に直接効いていきます。

つまり、うがい薬のように予防には適しているけど、喉が腫れてしまった場合の処置としては不適切ってことなんですね。

予防に適しているので、長時間外を出歩く前の予防などには使えます。ただノズルタイプは外で使うのは不向きなので、普通のスプレータイプで十分でしょうね。

主成分は、ポピドンヨードやヨウ素と殺菌効果が主流で、大きな違いは味や使用感になります。これから冬に向けて売れ筋商品の一つのなるでしょう。各ドラッグストアではプレイベートブランドや特価品を扱っているので、店員さんに聞いてみてください。

では、喉が腫れてしまったとき、場合はどうすればいいのか?

「アズレンの入ったスプレーを使えばいいと思いますよ」

アズレン?アズールレーンのこと?

アズレンとは

カモミール(カミツレ)から抽出されていた青い化合物。薬草、ハーブティーとして利用されていたカモミールから抽出されたアズレンは、抗炎症作用があることが知られています。

つまり、喉が腫れてしまった場合の喉スプレーはアズレンが入ったものが、効果ありということですね。

早速探してみました。

大洋製薬株式会社

AZのどスプレータイヨー

すごいシンプルな見た目ですが、大きなノズルを覆うだけのプラスティックカバーが付属しています。

主成分は

アズレンスホン酸ナトリウム水溶物(水溶性アズレン)が含まれています。

効能効果を見ましょう。

のどの炎症によるのどのあれ・のどの痛み・のどのはれ・のどの不快感・声がれ・口内炎

ヨウ素スプレーとは全く違う効能効果が書かれていますね。

実際に使用してみました

(有名な浅田飴からも同様の商品が発売されています。浅田飴のAZスプレーのほうが5ミリ容量が多いですが、100円高くなります)

まずノズルは180度動かして、しっかり喉奥に噴射できるようにしてください。でないと効果は半減します。

2回ほど左右にわけてプッシュしてみました。

用法・用量には「1日数回適量を患部に噴射してください」とかかれているので、厳密な回数や用量は決まっていません。ハーブティーに使われる主成分ですから、身体への負担も少ないのでしょう。

効果は使用して2~3回ぐらいで現れました。喉のイガイガ感がとれて、喉の痛さがかなり緩和されました。

うーん、でもこれって本当にアズレンによる抗炎症作用なのか、僕が20代後半で勝手に回復したからかな・・・

アズレンはスプレーではなく、トローチタイプも発売しています。喉が痛くなった時に、のど飴で何とか使用というかたが多いですが、喉に優しいハーブなどは入っていますが、それを漫然と舐めるより、医薬品のアズレン入りの方が治りは早くなると思われます。

ネットでは、アズレン入りのスプレーの売れ行きが良いのですが、まだまだCMによって、のどぬ~るがのどの腫れに効くと思っている方が、僕も含めて(笑)多いのが現状でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。