ITの専門家である堀江貴文による渾身の一冊 これからを稼ごう 暗号通貨が描く未来

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

先日、楽天ウォレットを開設し、本サービス開始を待つだけとなりました。

仮想通貨で儲けようとは考えていませんが、仮想通貨が社会的にどのような影響を及ぼすかに関しては、無知なので、こんな本を買いました。

これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話

地味な見た目とタイトルですが、著者はあのホリエモンこと堀江貴文氏。

近年では、「多動力」をはじめ自己啓発的な書籍が増えていますが、こちらは仮想通貨と、通貨が人々の暮らしにどのような影響を与えたかという歴史から、今後の仮想通貨が導入される未来に対して、予見的な内容となっています。

スポンサーリンク

中央集権的な通貨の不便性を指摘する暗号通貨

暗号通貨による将来の展望を語るわけで、そのテクノロジーが普及した未来は非常に自由で明るいものを予感させますが、これが現時点の仮想通貨の価格上昇に直結するとか、そういう近視眼的な話ではありません。

「お金とは単なる信用を数値化した道具であり、中央集権国家の管理下でなくとも、人々の知恵で使い方を創造できる(略)仮想通貨は、僕たちのこれからの未来を豊かな方向へデザインする、テクノロジーのひとつだ」

仮想通貨の特徴は、個人間で通貨のやり取りができる点です。

今まで、国家が発行した円やドルといった法定通貨は、すべて中央銀行が発行・管理し、電子マネーも発行主体である企業が中央集権的に管理してきました。

一方で、仮想通貨は、ネットワーク運営者がいるだけで、取引履歴は、全世界にオープンで、改ざんは事実上、不可能になっています。

そもそも紙幣や硬貨は、我々国民が「1万円の価値があるもの」と信じているから価値があり、モノそのものに金のような希少性があるわけではありません。

堀江氏が指摘するように、すでにわれわれの社会は現金手渡しではなく、給料日に銀行振り込みが行われ、銀口座の数字が増えることでに価値を見出しています。その時点で、すでにお金がバーチャルな存在になっている証拠です。

過去に、相棒の映画でも、ATMを使用させなくすることで、国民をパニックに陥れるような映画がありましたね。

(相棒というコンテンツが大きくなりすぎたゆえに、過去の社会的な事件をドラマで再現するだけの内容も増えましたが、こちらは、脚本家はじめスタッフが「こういう未来は危ない」という提示的な内容になっています)

国に影響されず、個人同士で価値やルールを決めて、通貨のやりとりをする。

ビットコインをはじめ、暗号通貨は、新時代の貨幣としてのろしを上げようとしています。

現段階では、投機の対象というのが主な見立てですが、よりキャッシュ機能を高めた「ビットコインキャッシュ」や、交換時に自動的に契約させる(返済の決まり事をつくったら、期間内に返済しなければ自動的に返済するシステムをつくるなど)「イーサリアム」など、時代は確実に暗号通貨で、新しいお金の未来を作ろうという方向に動いていることがわかります。

堀江氏は、現時点の暗号通貨の不便性を認めつつも、投機の対象として、金融の素人が暗号通貨にふれる機会が増えるので、投機対象として見られる現状は間違いではないと結論づけています。

投機として、一部の投資家が保有している。価値の乱高下がおさまり、手元に一定の暗号通貨が残っているときこそ、貨幣としての暗号通貨の役割が発動するときなのでしょう。

暗号通貨は、「金融機関を通さない2者間の直接的なオンライン取引」を実現するものとしてスタートしています。

国が介在しないために、本来サービスを届ける相手に対して中抜きが発生したり、管理によるラグによって、サービスを受ける時間が遅延することがない未来が想像できます。

現時点では、リップル社が銀行などの金融機関による国際間送金の時間や手数料を削減することをミッションとして掲げているようです。

自国通貨が不安定なために、米ドルやユーロが価値を持つ国は多いのですが、そういった国からすれば、金融機関に依存しないビットコインは非常に魅力的です。

社会主義国家として、土地ですらも国の所有権である中国では、暗号通貨を持つことは、国に邪魔されない自分だけの資産であるという実感を与えるのでしょう。

日本円という、世界的にも非常に安定した通貨のもとで育っているからこそ、気づかない世界からみた暗号通貨のニーズというものを、本書で気づかせてくれます。

日本人にとって暗号通貨が普及する未来はどうなるのか?

すべてのお金の流れを把握できるから、課税はもちろん、アングラマネーも追跡しやすくなる。(中略)仮想通貨を繋げることができれば、ソースコードを1行加えるだけで、景気対策や福祉のための給付金も付与できる。給付金にはマイナス金利をつければいいだろう。例えば1年で10%ずつ価値が減退していくようなものができれば、消費の刺激になる。

児童手当やベーシックインカムも直接送金のシステムができれば、インフラコストをかなり抑えることができます。

資産の追跡、現金の管理というのは、現金信望が強い日本が未来において解決しなければならない課題の一つです。

人口減少が避けられないのであれば、ミニマムな社会を形成することも考えなければなりませんから。

堀江氏は暗号通貨の普及からさらに一歩進んで、現在も進行している「VALU」をはじめ、個人が通貨や株を発行して、一部のグループで流通できる資産を共有したり、分散したりする新しい社会の波を伝えようとしています。

お金という共通の価値基準のために、汗水流して働く時代は終わりを迎えようとしている。

しかし、その時代を享受するためには、評価を稼いだり、自分をどうブランディングするか?が大きく問われる時代になってくる。

結果的に、日本円がなくても、仮想通貨や個人で発行した「信用」によって食べる人々は増えていくのでしょう。

8年をかけて、社会に浸透し、ネットワーク=仮想通貨という概念にまでなり、この関係を国が壊すこともできないほどになりました。暗号通貨が我々の生活に浸透する未来は、そう遠くないでしょう。

非常に飛躍的な内容も織り交ぜていますが、副業が解禁され、日本円が機能している現在でも、YOUTUBEの投げ銭のみで生計を立てたり、オンラインサロンという独自のコミュニティで仕事を回したり、独自の価値観を築き上げている社会は既にあります。

そのため、堀江氏が指摘されるような、特定少数のグループだけで流通する資産や価値観というものは、今後もっと進んでいくのではないでしょうか?

ただ、人によってはそれが生きづらい世の中になってしまう可能性はあります。

これまでの基準やルールとは全く異なる世界ですから。少なくとも3Kが信仰された時代よりは、僕は生きやすそうです(笑)

本書は、ITの革命児として、突如あらわれた堀江氏のITのプロとしての経験や、考えが十二分に詰め込まれた一冊です。値段分の価値は間違いなくあると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。