ミルキーは生の味? 生ミルキーいちご味をいろいろ楽しんでみた

スポンサードリンク




どうも男ですが、ミルキーを一生食べ続けられる自信があります・・・サーセン無理です。

結構むかしですが、「ミルキーはママの味なら、母乳でミルキーを作ってみたらどうなる?」って企画がテレビでやっていて(もちろん全国放送ですぜ旦那)、本当に母乳でつくっている行程があって、志村けんと同じようにモニターの斜めから必死に動いていた司真です・・・思春期なんで時効で。

そんなミルキーから

CIMG1308

生ミルキーが登場!!
北海道生クリームと練乳を贅沢に使用したミルキーの高級モデルです。

生クリームのスタンダードな味は2017年11月に発売されたばかりです。
さらに今回はいちご味をピックアップ。

価格は130円

半生の柔らかいピンクのボディ、ピンクの悪魔があらわれます。
中はイチゴクリームというよりはイチゴジャムです。ねっとりとペースト状になっています。

口に含むとすぐに噛めます。非常にやわらかくしっとりとしており、イチゴの酸味が口中にぶわっと広がります。そしてすぐに溶けてなくなります。生表記に偽りなしです。

CIMG1309
(なかなか強烈なピンクを見せますね。吸い込んで能力をコピーしそうです)

次に舐めて味わってみます。イチゴの味わいは噛んだ時よりは控えめ、すーっと溶けてなくなっていきます。「あれ?損したかな」と思ったら最後に練乳のみずみずしい甘さが広がるのです。噛めばイチゴの酸味が、舐めると練乳クリームのとろけるような甘さが堪能できる一粒で二度おいしい体験ができます。

CIMG1310
(汚くてサーセン。手でも簡単にちぎれます。イチゴジャムの量はボリューミーです)

130円でこの内容なので仕方ないですが、容量は10個もなかったように思います。いろいろ試行錯誤しているうちになくなりました・・・

セブンイレブンで先行発売で、商品の性質上冬季限定になりそうです。ミルキーファンのみならずやわらかいキャンディが好きな人もお勧めです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。