PSVRシューティングコントローラーが実質5000円で手に入る ブラボーチーム 予約受付中

スポンサードリンク




自宅のPSVR・・・かなり持て余しています。

現在なら普通に家電量販店に売られているわけですが、発売してしばらくはメーカーの抽選販売でもまったく手に入らなかった。


年末にガングレイヴを遊んだのですが、あまりの出来に・・・・絶句してしばらく遊んでいません。アップデートなどもされているので少しは変わったのでしょうか。気が向いたらレビューします。

VRって単体も高いですけど、PSMOVE2つないと完璧に遊べないソフトがあったり、今回紹介するシューティングコントローラー専用ソフトがあったりと金かかるんですよね・・・・とにかく。

(自宅をU○Jにするのはお金がかかるのです・・・遊ぶ時間もないんです)

シューティングコントローラーは従来のガンコンのようにトリガーのみならず、ちゃんとスティックやボタンもついており、これ一本で成立するようになっています。形は銃を模しているのではなくあくまで「おもちゃ」「体感ゲーム」というコンセプトに根差した形です。任天堂イズムですね~

そういうわけで、ゲームセンターのシューティングゲームを遊ぶのが好きですし、FPSとの相性が非常に高い装置ではあるので4月7日、ソニーより発売されるブラボーチームという作品を予約しました。

移動は先行プレイを見る限り、自由に動けるわけではなく移動ポイントに移動していきながら理想のエイムポイントを探すという内容。

現状では2017年のE3以上の情報がほぼないです。4月20日にゴッドオブウォーが控えているとはいえ、もう少し自社製品のPVは長時間でこだわってほしかったかな。

これまでも「Farpoint」や「Doom」などシューティングコントローラー対応ソフトは発売されてきましたが、CODやレインボーシックスのようにリアル寄りのFPSがようやく登場しました。

(VRやるなら絶対買えといわれている作品の一つ。シューティングコントローラーに使い慣れたら購入検討してます)

(一応初代に触れたことがあります。FPSの始祖・・・はウルフェンシュタインですが、FPSというジャンルを確立した作品です。Z指定のVRは過激度もモニター越しより増します)

ソフト単体は約5000円とPS4としてはミドルプライス。VRとの整合性でボリュームは少なそうです。まぁVRのコンセプトが短時間で圧倒的な没入感と僕は考えているので、密度の濃いVR体験さえできればボリュームには目を瞑ります。

このソフト最大の魅力はソフトの内容以上にシューティングコントローラーが5000円代で買えることでしょう。

公式価格は6458円。アマゾンでは現在高騰中で中古価格でようやく公式価格だったりします。ソニーストアも入荷終了ってなってましたね。

需要と供給のミスマッチでしょうか。メーカーは「VRまで用意してコントローラーもちゃんと買う層はそこまでいないだろう」と予想しましたが、Farpointの想像以上のレビューと口コミでシューティングコントローラーが追いつていない状況みたいです。

もちろんコントローラーなので中古でいいやって考えもアリですけど、自宅でリッチなVR体験をしたいっていうなら新品にこだわってもいいんじゃないでしょうか。

それがなんとソニーストアで同梱販売されています。

ソニーストアでの商品説明

価格は8900円+税。ソフト単体が4900円+税を考えると5000円でシューティングコントローラーが買えてしまうのです。FPSとVRの相性が非常に良いため、今後何本か対応ソフトが発売されるでしょう。

ちなみに数量限定+先行予約+品薄のため一人一つという制約があるため、少しでもビビっと来た人はソニーストアで注文をお勧めします。

お持ちのソニーアカウントと紐づけることができます。残念ながら代引きには対応していません。

結果、何かのキャンペーンか実質支払額が8651円になりました!!公式は正義。

新春はシューティングコントローラー片手に最高のFPS体験としゃれこみたいと思います!!

(情報が本当に少ないんですよね。現在はシューティングコントローラーが安価で買えると割り切って購入します)

最後まで記事を読んでくださってありがとうございました。
当ブログは隔日更新の雑記になっています。
ブラボーチームのレビューも発売後に行う予定です。
面白いと感じてくださった方はツイッターのフォローお願いします。

司 真

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。