自分で作るフィギュアーツ フィギュライズ6 仮面ライダーカブトのクオリティがすごかった

スポンサードリンク




僕はまぁ、完成品にしか興味がなく、仮面ライダー玩具といったら変身ベルトかSHフィギュアーツを買うのが日常なんですが、仮面ライダー好きの同僚から誕生日でこんなものをもらいました。

フィギュライズ6 仮面ライダーカブト

CIMG1122
CIMG1123

目次
実際につくってみた
実際に遊んでみた

なんと仮面ライダーのプラモデルだそうです。ふーんSHフィギュアーツとSICぐらいしか知らなかったぞ・・・・
完成された塗装、ディティールを箱から出して堪能するのもいいですが実際に作るというのも玩具の醍醐味。とはいえ、僕は相当に手先が不器用。

おばあちゃんがいっていた
フィギュアライズを作るときは、プラモデル用のニッパーが必要だと。それとシールが多いからピンセットもあると便利だ

つーわけで、アマゾンで評価の高いタミヤのニッパー使ってみました。
結論から書きますが、きれいに余剰のプラスティックを切れて、外観のクオリティが明らかにアップしました。

CIMG1119

CIMG1121
だいたい800円程度です

実際につくってみた

まず箱から出すと複数のランナーが・・・・これって多いんでしょうか?少ないんでしょうか?

説明書は1枚にまとめられており、どの角度で細かいパーツをつければいいかという矢印や注意書きが適度に挿入されています。

作ってみますか~となりにストップウォッチをおいて、説明書の左か
らつくってみたよ~

CIMG1124

まずボディ。パーツは細かいのが多めですが、1部分あたり小さいパーツでも3~4ぐらいなので管理もしやすいです。この胴体をつくるまでにおおよそ30分程度。ニッパーできるとミリ単位のプラスティック片が飛び散るので、管理には要注意

CIMG1138
(ダークカブトにも対応しているのでシール数はとても多く、細かいのでピンセットがないと苦労します)

次に顔

CIMG1125

シールが非常に多いプラモデルですが、複眼とメタリックレッドは原色のままでプラモデル素人にありがたいな「墨入れとかしないと映えないの?」という不安は杞憂に。

CIMG1126

プラモデルを作って、腕や足を作るときが一番楽しい。ジョイントが多めなのでパーツは本当に細かいですけど、それがつながって、3つのパーツがかっちりはまって「おおこれはカブトの腕や~」と興奮できる瞬間があります。

そして合体すると

CIMG1127

CIMG1129

全長は10センチほど

工程時間はライダーフォームだけで3時間程度。

CIMG1134

真骨彫のカブトと比べると一回り大きく、肉付きはフィギュアーツは引き締まった筋肉質で洗練されていますが、劇中のプロポーションはフィギュライズの方がしっくりしています。太ももの肉付きも見事なものです。

ちなみに両者ともに2014年に販売されたコンセプトは違う異母兄弟なようなフィギュアとなっています。2018年の今を考えるとフィギュライズの仮面ライダーはシリーズとして頓挫して、フィギュアーツの圧勝となっていますが。

CIMG1136

実際に遊んでみた

プラモデルは完成するまでが一番楽しく、完成したら飾るだけというイメージでしたが、このフィギュライズは完成した後のプレイバリューも素晴らしく、手首パーツの多さ、武器パーツの多さ、そしてポージングを整えるスタンドとエフェクトパーツとカブトを味わいつくすフィギュアとしては決定版といえます。

CIMG1137

CIMG1139

超マイナーなゼクトマイザーまでも収録、でもカブトムシはなくしそう・・・・

CIMG1133

自立性はフィギュアーツに比べるとさすがに落ちますが、フィギュアーツのエフェクトパーツは初回限定特典だったり別売りが多いので、初心者も安心して買えます。

CIMG1132

劇中同様に筋肉質ながらもトータルで洗練されたボディ。子供心をくすぐる複数のガジェット、シンプルながらも映えるメタリックレッド。仮面ライダーカブトが今なおデザインや特撮面でファンから支持を得ている要因を感じることができます。

アマゾンならなんと2000円未満で買うことができます。3時間没頭できたらそれだけで値段分は楽しめますね。ちなみに真骨頂はプレミアで1万超えているようです・・・。基本限定品な位置づけですからね。普通のSHフィギュアーツが筋肉まわりでスカスカなことを考えると安価で、プレイバリューが多くて、見た目も映えているということでカブトフィギュアの決定版であるように思われます。

最後まで記事を読んでくださってありがとうございました。
当ブログは隔日更新の雑記になっています。
面白いと感じてくださった方はツイッターのフォローお願いします。
司 真

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。