テレレレレレ トメダイン コーワの魔法により勇者の腹痛は治った

スポンサーリンク

2018年の抱負は下痢の悩みから少しでも解放されたい・・・・あぁ生きるのってしんどい。

ということでドラッグストアで新年1発目に購入したのがこれ

トメダインコーワフィルム

CIMG0968

トメダインってドラ〇エの呪文みたいですね。覚えやすそうでなんだか覚えにくいような・・・

この商品の特性はストッパのように水なしで使えるというのが最大のメリットです。
ただ素早く少量の唾液で溶ける錠剤ではなくフィルムです。舌の上にのせて唾液で溶かしながら口の中に入れます。

見た目は湿布みたいです・・・・出触りはフィルムですのでご安心を?

CIMG0972

成分はロペラミド塩酸塩というのが主成分で突然の下痢への効果が高いようです。

実際に使ってみた

まずいわずもがな携帯性は過去の下痢止め薬でトップクラスです。あと速効性もストッパに比べると優秀だと思われます。内容量が6枚なのでもう少し中長期様子をみるべきでしたが、下痢の後に使用すると腸の動きが収まりまたもと通り動けます。

水なしはやっぱり正義です。普段常に水筒を持ち歩く人ではないので、腹痛のためだけに自販機の100円の水を買うというもったいないことを何度もしてしまっています。

ただ注意書きをみると結構きつい薬みたいです。

1回1枚で1日2枚、服用間隔は4時間。ここまでは普通なんですが、注意書きで「下痢が止まれば服用しないでください」と書かれています。

あと「口を開けたまま寝る」「タバコを吸う」も要因ですけどこれを服用してから喉のあたりにちょっとした出来物ができました・・・・

副作用欄は過去の下痢止め役に比べても多い気がします。

CIMG0970

速効性があるのは魅力的ですけど、感覚としては完治ではなく本当にその場を止めるということで後日またぶり返すことが多かったです。それにここ2年は下痢止めに頼りっぱなしなので薬に身体が慣れてしまっている恐れがあります。過度な下痢でどうして求めたいという緊急時でなければビオフェルミンや自然治癒、食生活の見直しで根本的に抑えていかないと今後の人生苦労するだろうな……

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。