実家暮らしが戦慄する クローズアップ現代の アラフォークライシスに思うこと

スポンサーリンク

新年早々暗すぎる記事で申し訳ないです……

年末に放送されたNHKの俺たちの問題をクローズアップしてほしくないところをずぼずぼクローズアップするクローズアップ現代。

今回取り上げるアラフォークラシスも当たり前のように動画共有サイトでアップされていますけど、公式サイトでは本放送を見るよりも短時間で効率的に放送内容を把握することができるので未見で興味ある方はご覧ください。

まず5年前との平均月収を世代間で比較したとき、35~44歳がマイナスでしかも40~44歳にいたっては2万以上マイナスになっているというのを驚愕な事実として取り上げています。

ただ20代は5000円以上プラスになっているんですけど、安倍政権に変わって景気がやや上向きになって地域の最低時給もあがったことの影響が大きいと思います。僕の地域でも5年前より最低賃金は60円ぐらいあがっているので1日8時間20日労働で換算すると1万円近くプラスになります……20代に限って言えば正規と非正規の差は30代以降に比べるとまだ開いていないというのもありますが。

話を戻します。

この35~44歳が俗にいう「就職氷河期世代」。同期の数は少ないうえに課長として昇進する割合も少ない。

その一例として契約社員を転々として地に足の着いた定職につけていない40代男性が取り上げられました。

ただ、それ以上にやばいのが7040問題・・・・・・

ずっと独身で実家暮らしだけを続けてきた40代女性がVTRに現れます。20~30代は親も現役世代で非正規であっても自分で使える金額や時間に猶予がありました。退職して年金受給者になっても光熱費、食費をすべて家族分負担している実家暮らしの人はあまりいないと思われます。そういう人の親が介護対象者や大病を患い倒れてしまったとき・・・・・・・

自分一人だけの人生を気にしていればよかった立場が急転して2人、3人の金銭を確保し、自分の時間をすべて奪われるとなったとき果たして対応はできるのか?家族一同難破してしまうのか……

これはなにもアラフォーの人たちだけの問題ではなく20代で実家暮らしで蓄えがある、時間に自由があると優雅に構えている僕も含めた人たちすべてのある種喫緊の課題です。もちろん一人暮らしして、結婚して責任を持つことで背負うデメリットも大きいですけど、自立を経験することによる食費、光熱費、自分ための時間の確保を人生で把握するというのは非常に重要なことだと。

経験は金を払ってでもしろと言われますけど、大学に入って実家を離れて一人暮らしを経験して身に着ける金銭感覚や家事を行うという感覚。そういうものを養ってこなかったというのは罪なことだと……

当たり前ですけど人は年齢によって成長するわけではなく、自分の意識と環境をかえて自律的、強制的に働き掛けないとずっと年だけをとるままなんですよね。それを自覚したあと1日で28歳になる・・・・・あぁ涙出そう。

公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。