いずれニンニク卵黄を超える? 通販で秘かなブームの黒ニンニクの味と効果を確かめてみた

スポンサーリンク

みなさんどうも、女の子の前でも構わずニンニクを注文して頬張る空気の読めないA型の司真です。

今回は健康食品の筆頭株であるニンニクの紹介です。
ちなみに2年前に腸でとける匂いのでないニンニク卵黄を繁忙期に食べて頑張ろうと発破をかけましたが、腸が荒れて人生初めての胃腸炎をくらって逆に3日ほど休んでしまったというドジを踏んだことがあります……

さて黒ニンニクというのは黒タバコみたいにニンニクを長期間熟成発酵させてできるものらしいです。発祥は青森県で今回はいつもの八百一で(有)天間林流通加工より「青森県で最初に熟成にんにくを作りました」と頼もしい一文が見える元気くんという商品を購入しました。

黒ニンニクをネットで軽く読みましたが、白ニンニクの弱点である胸やけや胃への負担、そして口臭などが緩和されているだけでなく、アミノ酸やポリフェノールまで付加されており、脳卒中や癌予防への期待ができるらしいです。なんだかタバコと逆の発想みたい。

100グラム1000円。結構なお値段ですが、これでもお徳用で普通は一般流通されているにんにくのように1つのドーム状の個体をむいて一片ずつ味わうそうですね。この商品はワケありみたいですが1片ごとに分けられているので食べやすそうです。

そうそう当たり前のように語っていますが、黒ニンニクは白ニンニクのようにすりつぶしたり、炒めたりと加工するのではなくそのまま食べることを主としています。それだけでなかなか新鮮ですよね。

蓋を開封するとあのニンニクの芳ばしい香りが鼻孔を吹き抜けます。本当にニンニク好きにとっては周りの目を気にせず四六時中かぎまくっていたい匂いです。


実際に食べてみた

味は一言でいうならプルーン・・・・そうプルーンです。ドライフルーツみたいな味わいと他方でいわれていますが、一口食べた感想はまさにプルーンのしっかりとした酸味とねっとりとした食感ですね。見た目もどことなく似ています。

口の中でじっくりと溶かすようにころ合いを見計らってつぶしていくとおいしく味わえます。

皮から発せられる強烈なニンニク臭とは裏腹に本当にフルーティーで柔らかい口当たりで三時のおやつや果ては食後に食べるってこともできます。ただ白ニンニクが好きでたまらない人にとっては違和感を抱くでしょうね。ニンニクの味って好きな人は効能とか関係なしに食べたくなりますから。

しかし、5分ほど経過すると徐々にあのニンニクの臭いが舌からせりあがって口の中に広がります。弟が好奇心で仕事前に勝手に冷蔵庫にいれた黒にんにくを食べたのですが後悔したみたいです。

これが他人を不快にさせるほどかはわかりませんが、少なくとも「あぁニンニクたべているな」と自分で自覚できるほどですから伝わるでしょうね。

一方で匂いが消える速度も速いような気がします。白ニンニクは食後直ちに匂いがやってくるのではないじんわりと胃からせせりあがっていきます。夕食に多量にとったら睡眠中の吸って吐いてで空気中に飛散され、家族からブーイングを受けることがままあります。

あくまで「白ニンニクほどひどくない」という認識で接した方がいいと思います。

生で食べるということへの感想ですが、一日に食べる量が定められているため白ニンニクよりはるかに継続に向いてますね。加工が主体の白にんにくはどれだけ食べたか把握するのが難しいです。

効果・効能については夜頑張りたいと思ってこれを摂取してブログ書いたりゲームをしたりするとあっという間に太陽が昇ります。最近ブログを多量に書いている影響で睡眠時間がえげつなく減っていますが(自業自得)なんとかやっていけますね。それでも体力のなさが根本的に解決されているわけではありませんけど。まだ1週間も継続できていないので甘酒レビューのようにじっくりとせめていく感じになりそうです。

デメリットにも言及しましょう。個人的に気に入ったので3片以上食べたら次の日に下痢になってしまいました。お腹の緩い方は1回当たり最低限の量におさえることは推奨します。

あと皮にもしっかり匂いが付着しているので生ごみに捨てること推奨です。ミニバケツのゴミ箱にいれたら次の日に強烈な匂いを発していました。食べたらすぐに捨てる。これ大事です。

食べ物もサプリメントも用法用量を守ることが効果を最大限に活かす秘訣ですから。

以上が黒ニンニクの感想です。熟成発酵させるとこんなにも違うんですね。味だけでなく生で食べるという食べたかも変化するし、白ニンニクとは全く違う魅力があります。完成された商品とこれから出会うのが楽しみで仕方ないです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。