俺の爪先はボロボロだ・・・・ 北正ラウンドつめヤスリでなんとかする

スポンサードリンク




どうも、20代後半にもなって爪を噛む癖がなおらない司真です。

仕事もいつのまにか爪がかけていたり、ストレスが絶えないので知らないうちに爪をかんだり、唇の皮をめくるのが本当にとまらない・・・・・・・

おかげさまで爪は常にボロボロです・・・・ただ汚れはたまるので爪はこまめに切ってます。

さて、今回紹介するのは北正さんから出ているラウンドつめヤスリという商品です。はい人生で初めて爪やすりを買います。

CIMG0812

爪やすりは電動タイプがあったり、表面をつやつやにする鏡タイプなどもあります。こちらはステンレス鉄板です。まさにヤスリという見た目ですな。

爪やすりといえば女性向けのアイテムなイメージですけど、男性でも使う機会があります。
それはですね・・・・浴場内で男女の自由恋愛が認められているというお風呂屋さんですね・・・入る前に爪で相手を傷つけないように爪やすりされることが多いそうですよ。はいおふざけはここまで。

実際に使ってみた

価格は800円前後して、それを払うなら爪切りを買い換えたらって思いましたけどいいアイテムでしたよ。

一番気になった爪先の削りもまずまず。ギザギザだった爪が丸みを帯びるようになります。これが鋭すぎたら肌を傷つけかねないですね。

CIMG0813
(接地面が広いので思い切って削ることも可能)

また爪を切ったあとでも角が鋭くなりすぎて陥入爪の原因にもなりかねないので爪切り後のケアとして合わせて使用したいところです。

爪が皮膚に喰いこんでしまう陥入爪の痛みにお悩みの方へ 個人的な対策 テーピング治療

見よう見まねで表面も削ってみましたが、これが意外に削りカスが飛び散ってしまうのでティッシュではなくキッチンペーパーなどをひいてカバーしたほうがいいですかね。洗面所でやれるならもっといいでしょう。

先端が丸みを帯びているため指だけでも本体だけでも動かすだけで結構削れてしまいます。水洗いすればカスも洗い流せますし合理的な設計だと思います。

表面を人生で初めて磨いたのですが、一日たって日光にあたると磨いた箇所がピカピカと反射して「これがケアなのか!!」と驚きました。ただちゃんと磨けているところと磨けていないところでどうしても差が出ます。利き腕で磨けば磨きすぎて逆なら磨き残しがあったり。やっぱり難しいものです。

爪先をととのえ、表面を磨くと両方の役割をもった爪やすり。人生で爪をみられる機会なんて動画投稿ぐらいしかないでしょうけど、意外とマナーにうるさい人は見ているかもしれませんし、興味なかったものを使ってみて意外な発見があるかもしれません。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。