約2年ぶりに 1500円カットの大手美容プラージュに行ってみました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

※これは単なる雑記です

どうも使用するシャンプーには多少こだわるけど、髪型と白髪は放置という本末転倒な司真です。

今月、趣味に食費にやたらとお金を使いすぎたので散髪代を節約するうえで1500円カット(消費税で実質1620円)で有名なプラージュを利用しました。ちなみに初めてではなくニート、4時間雇用の時に幾度となくお世話になっていました。

ちなみに「やたら女性客がおおいな」としり込みしていましたがそれもそのはずで、プラージュには美容と理容の二種類あって前者が女性、後者が男性客が多いです。ただ近場に理容プラージュがなかったことと、別に美容プラージュでも普通にカットを受けることはできます。

散髪とひとつとってもカットだけで多種多様な料金プランが存在します。
例えば男性メインの床屋なら3000円ぐらいで散髪と顔そりがセットになっています。僕はゲジマユなのでよく顔そりで眉毛を整えてもらいましたが、あふれんばかりの男性ホルモンですぐに無効化されてしまいます・・・・
父の勧めで1000円カットも試してみましたが、カットとは名ばかりのオールバリカンで終始耳がこそばゆく、雑な仕上がりになり「これが1000円か」と唸ったものです。ただそれも10年以上の前の話なので現在なら丁寧なサービスと納得いく仕上がりで1000円カットの店も増えていると思います。事実、街を歩くとちらほら見ますし。
あと美容室も母の勧めで利用したことがあります。男性で美容室ってどうやねん?って話ですけど、女性スタッフからお勧めの飯屋を紹介されたり、シャンプーを選択しなくても髪を丁寧にあらってヘッドマッサージなどのオプションがついているなど4000円越えですが納得がいって払っているところがあります。

お気に入りの店ってカットが気に入っているというより店員とのつながりで通っているところが多分にありますよね。一度近場の美容院を制覇してやろうと思いましたが、タバコレビューと違って僕にはそこまでのコミュニケーション力ありません・・・・・

さて、プラージュなんですけど公式サイトをのぞくと650店舗でスタッフ5500人と圧巻の数ですね。理容業界日本一を24年間達成とは頭が下がります。あと平均月収も普通の理容師より高いらしいですね。給料で還元がモットーです。(うちの会社にも導入してほしい・・・・)

プラージュの特徴は予約制ではなく、店内に5~6人ぐらいのスタッフ(規模により当然異なる)が在籍していて、来客順にスタッフが対応するという仕組みです。

「この人に切ってもらいたい」「この人しか僕の髪型の特徴はつかめない」と思って1つの店舗、理容師にこだわりを持っている方は多いでしょう。このランダム性はプラージュを利用するうえでのメリットでもデメリットでもあります。

僕が人生で初めて利用したときは中年女性で、そのままマッシュルームカットをされました。正直な感想が「安かろう、悪かろう」でした。価格が価格なので「ちょっと調整してよ」と言いづらいものがあります。

その後、久しぶりにいやいや利用すると30代ぐらいの男性スタッフが30分以内に切って、美容院とかわらないクオリティで切ってくれました。あいにく僕が休日の時に限って出勤されてなくて、休日がずれた時は言い方悪いですが、その店員を狙ってプラージュに入っていましたね。

非モテ男性にとって髪型はどうでもいいので(そこ気にしろよ!!)
狙った店員がいて、切ってもらえるというところに謎の快楽を見出してました。

そしてその店員が空いていることを軽くチェックして、その店員めがけて「カットお願いします」といってみると担当してもらえる確率が高かったですね。まぁ偶然ですけど。

基本かたまたまかわかりませんが、男性には男性スタッフがつくことが多いような気がします……

基本は会話も少なく、髪を洗うこともないのでカットだけなら30~1時間。お金以上に時間の節約に強いのがプラージュの魅力です。会社帰りのサラリーマンもよく利用されるそうです。僕も散髪されるときは完全に理容師さんにお任せなのでずっと目を閉じて、時々いきなりカッと見開きます。(驚かせてすいません)

そしてフルタイム勤務になって、しばらく美容院ばかり見栄を張って使用していましたが、久しぶりにプラージュを活用しました。営業時間が18時30分までで余裕をぶっこいていままで行けなかったというのが多々ありました。

そしてダンディな男性スタッフ、通称(ダンダン)←流行らねえよ。が登場し、40分程度でしたが、さっぱりときっていただきました。ちなみに僕は毎回「刈り上げない程度でお願いします」と伝えます。珍しく頭髪検査のある中学で、額は眉毛より上、横は耳にかからない、後ろは襟元にかからないという頭髪検査を不定期で行っていた学校でしたから・・・・反発で長髪にすることがないというのが僕のつまらないところです・・・・・

さて、この記事では何が伝えたかったのでしょうか(焦)

いま通っている美容院、床屋に限界を感じていたり、ちょっと節約したいけどちゃんとカットしたいと感じているなら、とりあえず適当な曜日にプラージュなどの格安、非予約へ行ってみて、お気に入りの店員がいたらその曜日をターゲットして切るというのが良い節約だと思います。髪型まで気にして生活しているという人はあまりいないと思いますし、失敗したとしてもワックスで強引になおせる時代です。

あぁ思い出した。美容プラージュは男性でも使える。

女性客ばっかりで及び腰だったあなた、一度来店してみてはいかがでしょうか?

いやぁこれ、誰も知り尽くした情報だぞおい・・・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。