フロスオアダイで歯の健康にアドバンテージをとろう ライオンクリニカアドバンテージ Y字タイプ

スポンサードリンク




日本人は食後の歯磨きを重要と位置付けていますが、海外では圧倒的にフロスが支持されています。なぜなら歯磨きでは歯の表面の歯垢しか落とせず、歯の表面の歯垢は舌と唾液でもケアできます。一方で歯間にたまった歯垢はよほど使用者の歯にあった高繊維な歯ブラシでなければ通用しません。

以前、このブログでも糸ようじや歯間ブラシを紹介してきましたが、しっかりとフロスを見直そうということで、これからフロスを使っていこうと思いますが、
まずは僕のような初心者でも安心して使えるY字型デンタルフロスの紹介です。

CIMG0755

ちなみにデンタルフロスと歯間ブラシの違いですが、どちらも併用することで効果が高まります。単体で使うとデンタルフロスは歯間の上層から中層、歯間ブラシは最下層の歯垢を重点的に攻めることができます。

歯間ブラシはいっかい入れてしまって引き抜くだけで無数の糸が大量の歯垢をからめとり、一目で効果が実感できるため、歯の間をしっかり確保して唾液の通り道を作りやすいというメリットがあります。一方でハリガネが仕込まれているため使い始めは結構歯茎から出血が起こります。最初はSSSといった極小サイズから使って、慣れてきたら自分に合った大きさのブラシを見つけることが肝要です。

デンタルフロスの場合は歯間ブラシより糸の本数は多いため目に見えない歯垢や汚れを効果的にからめとることができますが、唾液の通り道を作る性能は歯間ブラシよりは劣ります。

ちなみにデンタルケアについては最近読んだ「歯はみがいてはいけない」を参考にしていますが、理想は


デンタルフロス→歯間ブラシ→歯ブラシ

の順番だそうです。ちなみに歯ブラシは寝る前、寝起きが理想で食後はデンタルフロスを主に使用するとのことです。

閑話休題

メーカーはライオンの予防歯科を訴えるブランド、クリニカです。

CIMG0756

ライオンといえば僕はザクトという歯磨き粉を思い浮かべます。タバコの写真が使用されてヤニ取り、口臭予防などを目的としたもので、効果は非常に高いようですが一方で研磨剤を使用しているため歯のエナメル質をひどく傷つけてしまう恐れがあります。

CIMG0757
(持ち手が太めになっていて歯に糸をあてがいやすいです)

ライオンは大手メーカーですが、クリニカのブランドはデンタルマイスターであるGUMに負けず劣らずフロス、タフト、デンタルリンスと歯に関連した商品が充実しています。

さて、今回紹介するY字型デンタルフロスですが、小林製薬の糸ようじがF字型といわれ人の口の大きさ、歯並びによって使用感はまちまちでしょうが、僕はY字のほうが相性がいいと思います。特に奥歯への挿入がスムーズでストレスが少ないです。

フロスの材質は高強度のポリエチレンで構成されており、120本のミクロ繊維束によって出来立ての歯垢をしっかりと除去します。強度がなかなかで糸がプツンときれることがありません。(1~2本途切れるようなことはあります)。

ただしY字、F字フロスの宿命ですが、同じ糸を繰り返し使うため衛生面には不安があります。使用してすぐに捨てることもまぁありました。

Y字型に重要な糸のたるみがちゃんとできてるので左右に微妙に動かしたとしても糸が歯間全体をくまなく動いてくれます。

Y字といえば他にもGUMの先端にピックがついてつまようじの役割も果たすものもありますが、基本は食べかすを除去するために使われるもので、うっかり刺さって痛い思いをすることもあります。
クリニカの場合はピックがついていますが、持ち手に幅を持たせてデンタルフロスとしての機能を最大限に活かす設計にされています。

意外に良かったと思う点が一つの箱に複数のカラーバリエーションがあって、消耗品だからこそ色を変えて気分をリフレッシュしたような気にさせるという効力があるなと感じられました。

これを機会に一歩進んだデンタルケアを始めましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。