アメリカンスピリット10月の最新作 オーガニックリーフ 1ミリ アメジストを最速レビュー 1ミリのスタンダード

スポンサードリンク




今回紹介するのは10月3日に全国のコンビニ、たばこ店で販売されたナチュラルアメリカンスピリットの最新作であるアメジスト。

正式名称は

「オーガニックリーフ 1mg アメジスト」(以下アメジスト)

になる。

パッケージ側面にMADE IN JAPAN。正面にはオーガニック(有機栽培)タバコかつ100%無添加というトゥルースピリットカンパニー渾身の一作であることがよくわかる。

オーガニックブランドはゴールドとターコイズが存在するが、こちらもオーガニックとして展開されている。オーガニックではないライトとの違いは農薬を使われていないだけあって土や草の豊かな風味が乗っかっているような味わいがあるという点だろうか。使われていないライトはその分クリアな味わいが強かった印象がある。この違いはなかなか難しい・・・・・・・

レギュラーでは3ミリが最低だったが、昨今の1ミリタバコの支持の高さを受けて製作されたらしい。筆者はゴールド(6ミリ)ライト(8ミリ)ターコイズ(12ミリ)を喫煙済み。

ちなみに過去のアメスピ記事はこちらから

紙タバコを味わってくれというアメリカンスピリットの魂は現代で通用しているのか?
(ライト タール8)
ナチュラルアメリカンスピリット 黒ぺリック 感想 甘味より塩味と酸味、鼻孔への刺激はコーヒーすらも否定する・・・・ただ口が臭くなる
(ペリック タール9)
これぞディス イズ タバコ ナチュラル アメリカン スピリット ターコイズ
(ターコイズ タール12)

さらに葉脈や茎を取り除いた非常にクリアな味わいを目指すアメスピらしいこだわりも健在。

ちなみに会員サイトより2017年の9月から国内に工場ができたためMADE IN JAPANを冠している。コンビニの普及率と著名人をはじめファンの多さが物語るようにアメリカンスピリットは純粋な販売数だけでははかれないほどの愛され方をされている。

いろんなタバコを吸ってはいるが日本工場で生産されている銘柄って意外と少ないので、こいつは貴重。

今回はこの新商品をできるだけ最速のレビューで皆様にお届けしよう。

ちなみにこちらも480円と他のアメスピと同様の価格だが、2017年10月現在、アメスピ公式サイトの会員になっていくつかのゲームをクリアすると5本入りのサンプルが1か月を目安に届けられる。

筆者はゲームをクリアしたが、居てもたってもいられずに購入した。

実際に吸ってみた

タール1のタバコはLARKのスマートプラスぐらいしか吸ったことがないが、はるかに上質でタール1なのに喫後感まで得られる。

アメリカンスピリットは無添加にこだわり、香料や添加物をいれていないため極力クールスモーキングを心がけクリアな甘さを得ることが一般的な吸い方とされてきた。
しかしながら、燃焼のしづらさからクールスモーキングが難しいタバコでもあり、6分間据えるといっても同じような味わいが続くためマンネリを引き起こしやすいタバコでもあった。

クールスモーキングを保つのも面倒だし、長く吸えるので思う存分スパスパ吸うというユーザーが少なからずいる。


甘味は煙を口からスーッと出した時に最大限に引き出され、ちゃんと風味のあるタバコをしっかり吸えたという満足感が残る。

ターコイズなどと比べて薄味のなかに確かな甘さが存在するというのは素材至上主義のアメリカンスピリットを本当の意味で堪能できてるのはこのアメジストではないか?と思わずにはいられなくなってしまう。そう思わせた時点で製作側の勝利だ。

アメリカンスピリットは無添加のみならずタール1が織りなす煙草の深みにも気づかせてくれた。
まだ全くタール1のタバコを吸いなれてはいないが、タール1のタバコで味わいのあるものをしっかりと向き合ってつくられた1作としてこれから私が吸っていくタール1に比較対象として立ちはだかっていくだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。