ヴォーグ・ブリュー・チャコール6 Winstonストレートに似た素朴な喫感と抑えられた喫後感

スポンサーリンク

以前、ヴォーグ・モント・メンソールってやつをコンビニでどさくさに紛れて購入したが、なかなか良かった記憶があって、オリジナルも存在したので気になっていた。

……ということで購入。左上が緑じゃなくて青でヴォーグブルーかと思ったらブリューなのかぁ~
CIMG0518

裏面には

スーパースリムなフォルム
繊細で味わい深いテイスト

とまぁ抽象的に書いてある。コンビニでもそこそこ海外銘柄をそろえているコンビニなら購入できるが、自動販売機ではまず見かけない。

左上の青シールもなんだかテレビ番組でよく行われるアンケートの多数決に使われるシールのようで優雅なパッケージ表面に対してなかなかに異物感がある。

実際に吸ってみた

オリジナルを吸ってみて、真っ先に思い浮かんだのがWinstonコンパクトブルーだった。フィルターを細くして葉の風味を感じやすくしているが、甘さ、酸味などのこれといった味覚が存在せず、ただひたすらに深いタバコ風味が口の中に充満するという一品。
ただ、コーヒーをあわせて吸ってもタバコの風味がしっかり舌先に残るという点ではタール6ならずとも優秀なタバコ味を感じさせてくれる銘柄といえる。

女性向けタバコにカテゴライズされているが、筒井康隆が愛喫しているように男性でも問題なく据える。むしろ味に華やかさが欠けるため女性が吸ってどう感じるか?意外と硬派なタバコである。

Winstonストレートのような味わいで、喫後感も徐々に煙の臭みが後味で残るというデメリットがあるが、スーパースリムの特性を活かし、指先への異臭が少なめになっている点はポイントに挙げたい。
価格は460円ながら喫煙時間は6~8分で、雑目に吸っても雑味が感じにくい点からWinstonのストレート系を普段吸っている人はこちらに鞍替えを考えてもいいのではないだろうか?ある意味真のロングテイストといっていい。

個人的には同じタール6ならモント・メンソールをお勧めしたい。メンソールの味わいが濃いながらもタバコ味も力強く、後味にちゃんと残るKOOLに負けず劣らずメンソールとタバコのトータルバランスが取れているタバコ。最後までメンソールが強烈というのが好きな人には合わないが、最初はメンソールできりっと口元をしめて、後味のタバコでリラックスするという流れが好きな人にはお勧めしたい。

ヴォーグを2種類吸ってみて、気になる点もあった。
タバコがか細く、パッケージも厚みがないためバッグやポケットにいれると簡単にタバコが折れやすい。形状上仕方ないといえボックスタイプなのでもう少しボックスに厚みを加えてもいいような気はする。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。