歯を白くする集中美容液 トゥービー・ホワイトでホワイトニングを試みました

スポンサーリンク

タバコとコーヒーの併用で全体はうっすら黄ばみ、八重歯はカラメルでコーティングされたようにちゃんと茶褐色になっている。はぁ……俺の歯はものすごく真っ白だったのに(嘘)

というわけで最近はタバコの本数も減ったので、ドラッグストアで面白そうな商品を発見。

トゥービー・ホワイト

CIMG0288
(デンタルケアコーナーにぽっとこんなものが飾られたらすごい目立つよね~)

歯を白くする集中美容液でありながら効能には歯垢除去、虫歯予防、口臭予防というかなり万能な能力を誇っている。

気になるお値段は約2000円……日用品ではないから高いよね。40回使用できるようなのでおおよそ1か月分。

怪しい製品に見えなくもないが、発売元、製造元ともに日本でMADE IN JAPANであることは力説しておこう。

スイカズラプロエキスという聞いたことのない植物由来成分を配合していて、研磨剤や着色剤を全く使用していない……これってすごくない?
ちなみに以前、歯をごしごし研磨成分で擦るアイテムを使っていましたが面倒なのですぐ終わりました。

①スイカズラプロエキスが汚れを浮かせる
②キトサン(コーティング剤)が汚れをブロック
③天然シルク(光沢剤)で外見の艶を演出

という三段構えを備えているらしい。

歯磨き粉でもホワイトニング成分を配合したものが近年よく売られているが、こちらは美容液と記載されているようにノズルのついた液体を数滴歯ブラシにつけて磨く。まぁ歯磨き粉と大差ない。
ちなみに歯磨き粉に混ぜて使うということもできるらしい!!

歯ブラシは液体と同梱されているというのもポイント。ただ別売りにされるよりは「じゃあ歯ブラシと一緒なら試してみるか」という気になる。

CIMG0290
(なかなか明るい色でまとめられてコンパクトでかわいい歯ブラシ)

歯ブラシ単体のレビューをするなら、先端がとがった三角形の形になっているため歯が小さい女性でも安心して使用できる。
僕を担当してくれた歯科医が「歯ブラシの場合は小が大を兼ねる」。ブラシが不相応に大きすぎると奥歯や四隅の歯垢をとりづらくなる。

欠点も多く、持ち手が女性用なのかとても身近いことと、ブラシが堅めなので力いっぱい磨くと血だらけになる(実体験)

実際に使用してみた

CIMG0289
(一見ちゃんとついているのかわからない)

歯ブラシにたらすと白濁液が一滴。液ながら泡立ち性能は若干ある。味はミント系の歯磨き粉になれた自分にとって違和感の強い食塩水のような味わい。液を1滴たらしただけなので上下の歯片方しか効果が感じられないか少々不安。

最初は綺麗に1滴、2滴と落ちるが、使用するうちに力いっぱいひねり出さないと出てこない。出てきたと思ったらドボボっと出てきてもう口の中がしょっぱいしょっぱい……

最初の1~2週間は八重歯のしつこいヤニ汚れ以外は全体的にややきれいになっているかなという印象。やっぱりヤニ汚れが早期発見が肝心ですよね~それにアマゾンレビューでレビューして効果があるっていう人はヤニやステインじゃなくて些細な黄ばみを早期発見して除去できたってケースが大半だと思う。

ちなみに歯ブラシの堅さがなかなかやわらかくならない。そして歯磨き粉のようにやたら泡立つ個体じゃなくてささやかに泡立つ液体ということで、早々に電動歯ブラシに鞍替えしました。

このトゥービーホワイトは付属の歯ブラシよりも電動歯ブラシの方が効果があると思います。優しく全体に液を浸透させるという目的なら断然電動歯ブラシの方が優れているし、ピンポイントにホワイトニングしたい箇所を狙えるというのは多大なメリット。もうこうなると付属歯ブラシなくしてもう少し安くしてくれた方がよかったような……

歯垢除去に特化した歯磨き粉とは違い、使用した後も歯の表面にぬめりを多少感じてしまうのも欠点。

タバコを吸いつつも使用し続けた結果、効果はあまりなかったというのが感想です。研磨剤を使用していないため劇的な効果もなく長期間使用したら何かしら起こるかなぁ…という期待はあったのですが、一番色素がきつかった八重歯のヤニはなかなか落とせませんでした。全体的に茶色を薄茶色にする程度の効力はあったかもしれませんが、価格相応の劇的な効果は見られませんでした。

ヤニ対策で一番重要なのは無暗に専用商品を買いあさるよりもタバコを吸ったり、コーヒーを飲んだ後に欠かさずブラッシングで表面についた色素の原因を落とすという習慣を身に着けることでしょう……


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。