1年以上愛用して素晴らしい使い心地だった小物入れベルトグリップケースを紹介 ワーカーズレーベルCL-8

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

何か月かに1回あるかないかの本当に「肉体労働者たちの挽歌」らしい記事を書こう。

今回は仕事で1年以上使用して、またホームセンターによって新しいのを買おうと思ったけど結局また同じものに落ち着いたお気に入りの商品。

冒険倶楽部工房㈱中村製作所さんよりつくられたワーカーズレーベルというブランドのCL-8という商品。

ベルトクリップケースといういわゆるベルトに装着できる小物入れ。僕のように一日中立ち仕事であらゆる部署、階段を上り下りする肉体労働者には必携の商品なのです。すべての人がこういう大振りの小物入れを使うわけではないにしてもぜひおすすめ。

ちなみにホームセンターで手に入れた価格は約1200円。

アマゾンでも販売されているのでリンクは最後に貼っておきます。アマゾンから発送ではないので送料込みで1500円前後だと思いますがその価値はあります。

この商品のセールスポイントは

適材適所の大容量小物入れ
ベルトクリップとカラビナの2way

ここに集約されているといっていいでしょう。

ポケットは一番奥の大ポケット、側面に張り付いている中ポケット、一番手前に見えるマジックテープ式の小ポケットと3つあります。

大ポケットは容量があり、チャックがないのが悔やまれますが端末機を扱う仕事ならばポケットにいれるよりも安全ですぐに出し入れができます。
中にちょっとしたナイロンのクッションも仕込まれているので、貴重品をいれるのにも適しているかもしれません。

中ポケットは写真のように鋏をいれるに最も適していますが、余裕があるのでメモ用紙やホッチキス、ペンを何本かいれてもちゃんと保持してくれるだけの容量があります。ペンホルダーに入らない大振りだけど便利なマーカーなどがあってらこちらにいれてます。
傷つく可能性はありますが携帯をいれることもできます。大ポケットだと小さくて落としてしまう可能性のあるアイテムはこちらで済ませましょう。
個人的にはこの中ポケットが一番使っています。

手前のマジックテープ付きの小ポケットは写真だとわかりづらいですがホッチキスをいれています。あとハンコやホッチキスの芯をいれるぐらいの余裕があります。

そして小ポケットのよこにペンホルダーが3本ついています。ホームセンターで他商品を見比べるとペンホルダーが3本もついている小物入れって案外少ないんです。1本ついていたら「ペンホルダー付き!!」って誇張する商品が結構多いんです。
三色ボールペン1本だけで済むなら幸いですが、マーカーとか赤ペン、また予備のボールペンなどを考えるとペンホルダーは多いにこしたことはありません。こちらもしっかり保持力があってどんな激しい動きをしてもペンの落下を防ぎます。

探せばもっと優れた商品はあるかもしれませんが、多機能だけど入れる数を抑えればちゃんとスマートにへこんでくれる小物入れってなかなかないんですよね。機能が少なくてものすごく小ぶりとか、大容量だけど物もいれていないのにデーンと前に膨らんで歩きにくそうな製品は結構あるんですけどね。

二つ目のベルトグリップなんですが、当時の僕はものすごいだらしないズボンをはいていて、ベルト止めすらなかったズボンをはいていました。ぶかぶかでその分あっという間に太りましたけど。
このグリップは最悪ベルトがない、ベルトグリップがなくてもとりあえずズボンにつけることができる(でもズボンが思いきりずれるので推奨しない)という急場な使い方もできます。

カラビナはベルト止めに気楽につけられるというのがメリットですが、保持力は落ちてぶらんぶらんとぶら下げる形になるのがどうしてもデメリットなんですよね。入れ物が多くなればぷらんぷらんと物をぶらさげて膝にあたってしまうし、中身の落下のリスクも増えます。
ちなみにレビュー中に気づいたのですがカラビナにはキーホルダーもつけられます。

しかし、このベルトグリップは自分の利き腕前にあるベルトに装着してしまえば、しっかりフィットして一日中なんの不快感もなく作業できます。適度な位置にペンホルダーや端末を出し入れできるのは言うまでもなく便利。

あと内務なので反射ラインはそれほど恩恵を受けませんでしたが、撥水加工は汗を吸収せずはじくのか長期間使って常日頃身に着ける商品でしたが匂うこともありません。書けば書くほど隙の少ない商品ですね(笑)

あえてデメリットをあげると裏面でも注意書きされていますがベルト止
めは長期間使うとどうしてもヘタれます。ヘタれが続くと最後にはくるんとひっくり返ってベルトから離れて中身がすべてでるとか、容量が多すぎると耐えきれなくなることが結構あります。

仕事の忙しさ、頻度によりけりですが、目安の交換は半年ぐらいですかね。価格が価格なので手軽に替えられますね。

一日中立ち仕事をされている方でも、筆箱で十分という考えの人は多いと思いますが、少しひと手間こういうアイテムを買うことで仕事のスピードが1秒ごと縮まるならそれが積み重なって……
僕のように仕事が遅い人間にはありがたいアイテムなのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。