これぞディス イズ タバコ ナチュラル アメリカン スピリット ターコイズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

思えば約3か月前からタバコレビューが始まり、いろんなタバコをぷかぷか吸って、身体を悪くしてストレスをためて、ブログのアクセスを減らして(泣)、なぜ吸い続けるのかと自問自答しながら堕落的な日々を送ってきた。

そのタバコレビューはナチュラルアメリカンスピリットのライトから全て始まった。

紙タバコを味わってくれというアメリカンスピリットの魂は現代で通用しているのか?
(最初期のレビュー。味わいというより25年ほど喫煙とは縁のなかった男の紙タバコへの一方的なイメージだけで終了した)

直前に無添加のプエブロを吸ったことで「うーんアメスピってどんな味わいだっけ」と忘れたため思い出すようにタール12のターコイズを購入した。

CIMG0107
CIMG0108

100%無添加で葉がつまっているのはもちろん、オーガニック(有機栽培)で無農薬であることを謳っている。無添加の中でもさらに自然のまま成長したタバコ葉を使用する拘りぶりに脱帽。2015年と最近リニューアルされた銘柄でターコイズ単体の知名度はやや薄い。

アメスピターコイズはライトに比べると辛さが強調されている。

甘味2:香ばしさ2:辛さ6ぐらいのブレンドに感じられた。酸味と苦みは全く感じられない。
ずいぶんと着香づけのタバコを吸ってきた経験から、タバコから放たれる匂いのおとなしさにおどろき、副流煙からは確かな香ばしさが際立つが品が良く鼻や目への刺激が非常に弱い。

しかし、煙を口に含んだとたん、濃厚な風味。辛さからはいってじっくりと熟成された甘さへと変化していくコクというべき存在が素晴らしく、煙が口から抜けると風味がさらに際立つ。
一本しっかり吸ったとしても口への臭いや風味は薄く、喫煙しているときの集中した味わいがアメスピ最大の魅力。

タール12ながらもライトと同じようにコーヒーや食事と一緒に含むことにあっけなく味わいのバランスが崩れてしまう無添加ならではの繊細さも健在。

さらにすべて有機栽培の拘りぶりか個体差が非常に開いている。辛みが強調されているパターンもあれば、最初はずっと甘味が目立つパターンもある。
無添加でありのままが影響して、吸った時間帯、灰の進み具合、喫煙者の精神状況、気温などあらゆる環境によって辛みと甘みと香ばしさのバランスが右往左往して、「これこそがアメスピの味です」と断言することが難しい。裏を返せば吸えば吸うほど微妙な違い(ライトよりはばらつきがある)だが、異なる風味に出会うことができて最も基本に忠実なタバコなだけに飽きが来ない。

吸えば吸うほど深みにはまり、「これが一番いい味わいか?」と発見した五分後に「いやこれぐらいの辛みがあったほうがより味わいが深くなる」。辛み、甘味、香ばしさだけでここまで味わいを探求させる奥深さを演出できるものだろうか。

ちなみにアメスピということもあって6~7分は余裕で吸えるのだが、味わいのみならず高タール、ニコチンは一人で落ち着いてじっくり吸えば吸うほどに身体に影響が出る。談笑中や食事のあとに軽く吸った程度では3~4本チェーンスモーキングしても脳がくらっとくることはないが一人で静かに味わうように吸うとタール12とは思えないヤニクラが起こる。

アメスピを何本も吸えてしまうということはしっかりアメスピを味わえつくせていない証拠かもしれない。一人でゆっくり一本だけ吸うと非常に高い満足感を得られる。

長く吸えることがデメリットに転じて歯へのダメージとヤニクラを起こしやすいので、アメスピは誰にでも吸ってほしいと思いつつも人を選ぶタバコであることは認めるしかない。

職場のアメスピ愛好者の方も以前はタール12を愛好していたが、重すぎてライトに変更したらしく、今回はアメスピということもあり特別に2箱分吸ってみたが、ヤニクラと重さはずっしりとくる。

レビューサイトにて「アメスピは煙を味わうタバコです」という一言に共感した。

アメスピは一言で「おいしいです」といえるタバコではない。特にターコイズは前述のとおり、素のままだからこそ安定して一方向な味わいを求めることが困難なタバコだ。味は刻一刻とリアルタイムで変化する。

もしかしたら不満の残る喫煙時間を過ごすことになるかもしれない。しかしそれは本来タバコというものがストレスの捌け口や場を持たせるためだけに機能しているだけではないという警鐘でもある。
アメスピに味わいが感じられないのならば
今自分の精神状況は安定しているか?
誰の邪魔も入らない集中できる空間で吸えているか?
適度に灰は冷却されているか?

一時期は過激でストレスの捌け口になるようなワードをちりばめたハードロックやヘヴィメタルを聴き続けていたが、いつかシンプルなリフで地味ながらも聞くごとにドラムやベースが絶妙なタイミングで入っているものと気づく古典的なロックを聴くよ
うに、アメリカンスピリットはシンプルゆえの他のタバコでは決してたどり着けない境地にたどり着いている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。