ウィンストン・キャビン・レッド・8・ボックス キャスターより引き締まった甘さ、香ばしい副流煙、口にとどめた時の苦み 意外と深みのあるタバコ

スポンサーリンク

以前、ウィンストンキャスター(タール5)のレビューをやり、本ブログの中ではまぁまぁのアクセスをいただいていることもあり、ウィンストンに吸収された有名銘柄のキャビンも吸ってみることにした。

キャスターは世間の評判に対して微妙な感想だったが、果たしてキャビンはいかに?

CIMG0032

CIMG0033
(メタリックレッドと金のラインが気品と高級感を演出する)

フィルターはチャコールでコルクチップの落ち着いたデザイン。キャスターと異なりタバコらしいタバコの見た目になっている。堅すぎず柔らかすぎず口になじんだ柔らかさでフィルターでいえばこのキャビンの方が気に入っている。

匂いはチョコレートの香料が使われているらしい。確かにLARKに近い雰囲気もあるが言われなければキャスターと同じように人工的なバニラ香料……とにかく甘い香りは漂う。

着火し、吸い始めると第一印象は甘い。ビターテイストと宣伝はされているが甘めの印象。
甘さの方向性もキャスターのような人工的な甘さだがこちらの方が少し洗練され引き締まった甘さになっている。

タール8なのでわかりやすい甘さではない。セブンスターをかなりマイルドにしたようなかすかな甘さだ。セブンスターと形質が似ており、満遍なくマイルドな甘さを堪能できるためコーヒー、特に微糖の缶コーヒーとの相性は抜群。コーヒーのコクとキャビンの芳ばしさが良くマッチしている。

タール8のメリットとして副流煙を吸ってしまってもむせたり、味がひどく変わるわけではなくうまいこと香ばしさとフィルターから吸う甘さがかみ合って甘香ばしいという感覚に浸れる。副流煙もあわせることでキャビンの魅力は増す。

副流煙とあわせれば、ただでさえ身体に悪いのが加速してしまうが、まぁそれも喫煙の醍醐味の一つだと思う。

しかし、「これがキャビンだ!!」という感じられる時間も少なく、味わいも薄いため何本吸っても満たされる何かがない(依存症……?)。
実際、一度に3~4本吸ってしまうことも多く、2日あたりで底をついたぐらいだ。(おいおい……)

「なんだただの優等生な大衆タバコか」と高を括ってスパスパスパスパ吸っていく。

タバコの臭いはほかの飲み物を含むと簡単に流されてしまうが、これだけを吸うと案外15~20分ぐらいはずっと臭みが残る。

最後の2本に差し掛かって、動画をみながら煙を口にとどめていると「むっ・・・・これは」
なんとあの甘い煙がどんどんどんどん苦くなっていくのだ。いままで口にとどめて甘くなったり、タバコ味が深くなるタバコは数知れず、苦く変わっていくタバコはこれとLARKのフルフレーバーぐらいかもしれない……

この苦さが徐々に段階を経てストレートに苦みに変わっていく。不味いという印象よりも香ばしさと絡まってこれが余韻となっていくのだ。

そこで後悔した。ゆっくり吸うことばかり気を使って煙をじっくりあじわうことを忘れていた。あぁできることなら過去のタバコも2~3本並べてゆっくり吸ってみたい。本当に20本単位で売られているって不便だな~もう一度キャビンを吸いなおしたいと思ったよ~

甘さ5・香ばしさ3・苦味2という感想。前述のように副流煙もすくいながら甘さと香ばしさの調和を愉しんでいるときが一番キャビンを吸っていると思わせてくれる瞬間。ただし煙にどっしりとした味わいがあるわけでもないため物足りなさはかなり先行するタバコでもある。コーヒーとの相性もいいのだがコーヒーによってタバコ感がかき消されチェーンスモーキングがどんどん進んでしまうのもある意味欠点。味わいに何か強調するものがあれば、こちらから求めずとも香ばしさがやってくれば。平均して60点の満足感はあるが、それ以上は吸ったときの環境、飲み合わせなどに左右される。

キャスター同様に「LONG TASTE」とより長く味わえるウィンストンの独自製法が使われているらしいが、燃焼剤に工夫がされていないのかほかのタバコに比べて「すごい長く吸えた」という印象があまりない。それなら素直に燃焼剤を使っていないアメスピを吸った方がいい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。