休日の陰鬱な気持ちに セブン飯 コク旨ホイコーローとパリパリ麺が俺を幸せにしてくれる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

さて、めちゃくちゃ久しぶりのセブン飯を紹介。
1つだけなら記事になるほど十分の文量を確保できないので2つ一気に紹介だぜ!!


①炒めの真髄!コク旨ホイコーロー弁当 498円

2017-04-22-122027

肉、キャベツ、ピーマンというシンプルな素材に濃厚なタレを絡めて焼く。これぞ男飯の代表といえるホイコーロー。
肉と野菜をバランスよくとれるため夕食でもこれとご飯一杯あればもう大満足。家ではクックドゥのホイコーローが晩飯なら俺ら兄弟大満足だぜ!!最近のコンビニ弁当は様々なものを選り取り見取りで頭数を増やすのではなく、おかずと飯というシンプルな構成がよく見られる。基本、レンジで調理するので本気で温めたらうまい具材とご飯だけで十分で、コンビニ弁当に対して消費者は手間やバランスより早さとストレートなうまさを求めている。
牛丼チェーン店がここまで普及した現代においてやや影響力は落ちているが、イートインのコンビニが増えているので、コンビニ弁当に触れる機会は逆に増えているかもしれない。

さて、このホイコーロー弁当、前に「炒めの真髄」という新しい表題が使われているように単にレンジでチンしただけなのにキャベツや肉から香ばしい風味と実際に香ばしい味わいを楽しむことができる。

2017-04-22-122048

一応、チルド弁当にカテゴライズされているだけあって、素材のうまみがしっかり活かされている。下手に牛丼チェーン店にいって同じワンコインを支払うなら自宅でゆっくりと食べられて、ついでにコーヒーやタバコも買えるコンビニでこれだけの商品に巡り合った方がいいんじゃないか?とさえ思える。

本当に中華チェーン店でホイコーローを注文してすぐに出てきたあの甘辛いタレと噛みごたえのある肉としゃきしゃきとしたキャベツ。

そして、これはできれば自宅で炊飯器にご飯が何杯かストックされている状態で臨んでほしい!!
なんとあまりにも具材に味がしっかりとついているから2分の1ぐらいで左のご飯がすべてなくなっちゃった~~~~

コンビニ弁当によくある「具材が少しずつだからいざご飯に肉をあてがっても全然足りないよ~」という不満を払拭。むしろご飯をたくさん用意して腹いっぱい食べてほしい。そうしないとワンコインの元も取れない。

具材を食べ終わった際に待ち構える甘味と旨味が最高峰に融合したタレを思う存分啜ってやるもよし、その上にご飯をパウンドさせて第2ラウンドに発展させるもよし。

チルド丼でコンビニ弁当界に一つの答えを示したセブンイレブンの新しい提案。ぜひ一度味わってみてはいかがだろうか?

他にも肉野菜炒めとレバニラが発売されている。個人的にはレバニラが気になるなぁ・・・・・

②くずして食べる パリパリ麺のサラダ 360円

2017-04-22-122106

2017-04-22-122114

お次は打って変わって、サラダにもなるし主食にもなりうる皿うどんならぬ皿サラダ?みたいな商品。

パリパリのチキンラーメンの麺にエビとシャキシャキのレタスが印象的な新鮮なサラダ。調味料である和風ドレッシングとハーフマヨネーズをかけてかき混ぜる。

2017-04-22-123235
(見た目が汚く申し訳ない。オフィス街でカロリーを気にする女性向けというイメージとは対照的にガッツリ系でも大満足できる一品)

想像していたよりもしっかりと味がついており、ドレッシングはポン酢のような味わい深くチキンラーメンと融合することでブイヨンがしっかり沁みついたラーメンを食べているような満足感がある。それにシャキシャキのサラダが加わることで食べごたえがかなりある。ハーフマヨネーズはちゃんとした味わいがドレッシングやサラダによって少し薄れているが、食べごたえを支えているような気がする。

様々な具材と調味料が融合しているため、「こういう味です」と断言できるワードが思い浮かべないのが僕の勉強不足で苦しいところなのだが、「これは女性向けの商品かな?」とスルーしてラーメンやうどんに手を伸ばしていたとしたらもったいない。確かに安い値段ではないが、これ一品でも相応の満足感が得られ、何よりサラダと麺の親和性に驚くこと間違いなし。

はい、久しぶりのセブン飯特集でした。まじでどっちもうまくてブロガーじゃなかったら一週間は食べ続けていたかも(お金が続かないよ~)
またコンビニ飯を探求しようかなってきっかけにもなってくれました。いそいで樋口一葉をnanacoに変換しに行こうかなと思っています。

俺には温かいご飯を作ってくれそうな伴侶に巡り合えそうにない・・・・・・・しかしこんなにも温かくてうまいコンビニ飯が全国にごまんとあるんだ。そんな幸せをかみしめながら生きていこう。