まさに梅酒マイスターによる最高の梅酒 チョーヤ梅酒 エクセレント

スポンサーリンク

外装の高級感、一口含んだだけで梅のみずみずしさが駆け巡る。それでいてブランデー仕込みも伊達じゃなく、ほんのりとアルコールが香る上質な味わい。それでいてすっきりとしていて、悪い酔いもしない。

まさにエクセレント(最高)な一杯。それがチョーヤ梅酒エクセレントだ。

2017-02-06-030454
2017-02-06-030518
(裏面にはこれといって商品の説明文がない。それだけチョーヤがこの商品に強い自信をもって送り出している表れかと)

とくにおいしい以外に語る言葉が見つからないのだが、方向性は山崎の梅酒に近いものがある。ただ山崎はブランデー仕込みに特化して梅よりもアルコールの味わいを深めているのに対して、こちらはやはりチョーヤ。梅の甘さ、酸っぱさ、そしてアルコールによって際立つコク。あくまで梅が主役だという考えをとっている。

2017-02-06-030531
(入り口が狭い構造になっているので、残り僅かな状態で注いでもトクトクトクと景気のいいあの音がなる。鮮度もほかの梅酒より保たれやすいのかも)

甘さはCHOYAシングルイヤーの方が上手に感じられたが、酸味と甘みの混ざり合いによる深みはこちらに軍配が上がりそう。とにかく1500円ほどでこれだけのクオリティの梅酒が味わるのは素晴らしいの一言。現時点でチョーヤ梅酒ラインナップの中では最もおいしい梅酒として軍配を上げよう。

余談
少し梅酒に偏りすぎて、味の違いがだんだん分かりにくくなってしまっているので、次当たりは気分をかえて別のお酒を取り上げる予定です。 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。