1300台に4台 ヤサカの四つ葉のクローバー号に乗ってはしゃぐ京都人

スポンサーリンク

いつものように犬とスキンシップをとっていて、首のうしろをなでてやると「おや……」なんか変な突起物が、いやしこりのようなものが。

親がペットショップに相談すると「腫瘍の可能性がある」とか……家族ともどもまだ今年で4歳になる愛犬の行く末を案じ動物病院に預けることになった。

結果は腫瘍ではなく膿が身体の中にたまっていただけということでほっと胸をなでおろすも、夕方まで動物病院に預け、ちょっとした膿の切開を行っていただいた。
朝は爆睡して弟が母と動物病院に向かい、夕方病院、タクシー無しでは犬を連れて歩ける距離ではなかったので電話でMKを呼ぶことに。「今日は込んでいます」ということで電話での呼び込みを諦め、外に駆け込んで一刻も早く愛犬を連れて帰りたいからということで母を半ば置き去りにしながら速足で駆け込む俺(笑)

大通りでいつものクローバーが見えたのでヤサカタクシーを止めることに。
余談だが、やはり大手で接客が安定しているのでMKとヤサカを止める傾向が多いです。

ちなみに東京では初乗り運賃が410円になって距離が長くなると追加料金が増える仕組みになったらしい。うーん、ドライバーさんの収入って大丈夫なの?

母と乗り込み、愛犬との再会を心待ち(半日もたってないけど)にする二人。すると突然運転手が何か取り出して
「では、先に渡しておきますね」
何を?領収書?カードのようなものを渡されそこには・・・・・

2017-02-01-012255
(ちなみにシールがついていたので、早速財布にはりました←現金なやつ)

2017-02-01-012306
(俺にもいい人と巡り合えますように……あとブログの成功も祈ってます・・・・あとあと・・・・・・・)

えええええこのタイミングで四つ葉のクローバー!!!!全く気付かなかったよ~~~~

裏面を見ると1300台に4台。確率は約350分の1。スロットでいうとGODシリーズの中間設定ぐらい。まぁとったのは京都の中心部ちゃあ中心部だからな。ちなみにさらにレアな二つ葉もあるらしいよ。

ヤサカの台数も最近増えている気がするし、錯覚で「あ・・・四つ葉、いや三つ葉だった」というのがあまりなかったので葉の数を数えることを諦めて、クローバーしか見ていなかったのだが。

よくよく内装をみると助手席の後ろに運転手のプロフィールとその上に四つ葉のクローバーであることを誇張する説明書きがあった。
「もう少し名古屋の金のしゃちほこタクシーみたいに内装で四つ葉のタクシーとわかればいいんですけどね」とドライバーさんも一言。
確かに三つ葉だと思い込んで乗った人にとっては一目でわかる何かがほしかったなぁ。でも乗車証がもらえたのはとてもうれしかった。

さらに四つ葉タクシーは予約では取れず運転されているものをとることでしか乗ることはできない。(だから乗車証にも価値がある。

ドライバーさんによると1台の4つ葉タクシーに3人の運転手が割り当てられていて、常時誰かが運転できているような体制が組まれているらしい。だから350分の1は京都の中心部でしっかり場所さえはっていれば確率は下がるかも……でも当たるときっていっつもこんな感じなんだろうな。乗りたいと思って乗れるわけでもないし。

ちなみに犬は無事に戻ってきて、帰宅後ぽつんと俺が一言

「そういえば、うちの犬の母親ってフォーチュン(幸運)って名づけられていたらしいね」

①俺が犬の出来物に気づく
②母が俺の休みに合わせて動物病院に行く
③切除が必要で犬を預けて夕方もいく必要ができた
④夕方目を覚まして犬と帰りたいというはやる気持ちで目の前のヤサカに手を挙げた

まず犬が絡まなければ今回のタクシーに巡り合えなかったし、単にノミの薬をもらうだけだったら朝だけいけば済んでいた。世の中の出来事っていくつもの事象がからまって初めて成立するのだからまさに現実そのものが奇跡、不思議というしかないね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。