3000円超えの少し贅沢な梅酒 山崎蒸溜所貯蔵 焙煎樽熟成 梅酒 お酒を濃厚に味わうために梅が活きる瞬間

スポンサードリンク




大晦日にいつもとは違うお酒で新年を祝おうと思い、チョーヤとは違う梅酒を購入。ちなみにこの商品は大晦日の夜、多数の酒屋がすでにシャッターを閉じている中たまたま巡り合った酒屋の一角に置かれていたものをそのまま手に取った。おそらくネットサーフィンしていたら出会っていなかっただろう。

名前はかなり長い

2016-12-31-205813

商品名

サントリー 山崎蒸溜所貯蔵 焙煎樽熟成 梅酒 750ml 


度数
17%

タイミング
休日の食後。湯飲みで一回に2~3杯ほどを主にロックで

症状
少し顔が赤らむていど


サントリーといえば「澄み切った梅酒」を以前レビューしたが、こちらは約3000円でウイスキーをブレンド。梅酒風味のウイスキーという表現があっているか。

瓶の裏にはこんな説明が

ウイスキーの古樽の内面を焙煎し、梅酒をゆっくりと熟成させた後、梅酒樽で後熟したウイスキーで仕上げた本格梅酒です。焙煎樽由来の芳ばしい香りと華やかで重厚な味わい、やわらかく長く続く長い余韻をお愉しみください。


なるほど……わからん。梅酒といえばどの産地で梅をとったのか、どのようにアルコールに染み込ませたかの説明が多い中、お酒そのもののつくりにこだわったこの説明文は少し興味を魅かれた。

見た目がすでに重厚で梅が入っておらず、美しい飴色の液体が高級感を漂わせる。
一口飲めば梅のフルーティーな柑橘っぽい味わいが口の中に広がり、アルコールの上品なコクで締める。度数が高い梅酒なので最終的に梅のコクよりもアルコールのコクが勝っていくのだが、このアルコールの味わいが非常にまろやかであっさりしているのにどこかコクがあって、それでいてしつこさがない。

2016-12-31-210054
(パッケージデザインとお酒の色が非常に美しく、飲みながら時々瓶を眺めて余韻にひたるという大人な楽しみ方もまた一興)

17%あるが、日本酒のように少し顔があかくなってすぐ引いて、また飲みたくなってまた少し赤らむという上品な酔い方ができる。

梅酒というのはどれだけ梅の甘味と酸味をうまくアルコールに溶け込ませるかが重要だと考えていたが、この製品は梅は完全にフレーバーとしてわき役でウイスキーの濃厚で一見近づきがたい飲み始めを梅が上品にサポートして上品なのにとても飲みやすく、気づけば2~3杯進んで呑んでしまったという感覚に陥る。

父親も少し高めのお酒であるにもかかわらずショットで何倍も僕の横で注いでいては一気に味わっていた。(たぶん1000円ぐらいは呑まれた……)

アルコールの味わいが非常に淡泊で上品なため水割りで飲むことはお勧めしない。もともと梅もアクセント程度のため単に薄い梅水を呑んでいる感覚になるため、この商品は必ずロックで呑むことをお勧めしたい。徐々にアルコールの濃度が薄まりながらも確かに口元に残る豊かで芳ばしい風味を味わうことができる。

優れたお酒というのは甘い、苦い、辛い、酸っぱいと単一の味覚で終わるのではなく、口に含むたび、氷で溶けるたびに味覚の姿が変わって、あらゆる風味を一口で楽しむことができて、いろんな発見ができるというのを感じる。つい最近、上司から1本1万近くする獺祭を振る舞っていただいたがアルコールは辛くて酸っぱいというイメージしかなかったのに甘く溶け込んでいくような不思議な感覚を味わえた。

まだまだ世の中には高級な梅酒はあふれているが、現在では大衆酒として1000円以下でも気軽に変える梅酒。時には甘いシロップのように僕らの疲れをねぎらってくれたが、時には休日にゆっくりと自分の時間に浸りながらアルコールに浸れる梅酒があったっていいだろう。

繁忙期では酒を楽しむ精神的余力はなかったが、またお酒の新しい魅力にひかれたので梅酒をたのしむこのカテゴリーをまた突き詰めたくなった。750ミリだがわずか3日ばかりでなくなったのがこの商品へのなによりの評価だ。 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。