プレスマンの上位互換? 一つの機能にまどわされないKOKUYO鉛筆シャープtypesの総合力を味わえ!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

三菱のクルトガ、ゼブラのデルガードなど折れない芯がトレンドとなり、内部構造も見える見た目も演出するようなシャーペンが売れるようになった今日。あまりにも本数が増えたことで一本を長年使うというよりはシャー芯一つでどこまで快適に書けるだろうと使いまわしていく贅沢な使い方をしている人も増えたのではないだろうか?

今回は大手KOKUYOから発売されている鉛筆シャープtypes(300円)を紹介しよう。

KOKUYOによる公式サイト

鉛筆シャープはその名の通り、鉛筆のような太くなめらかな書き心地のシャープペンを目指したもの。芯が0.7以上ということで基本折れにくい。これは僕が気に入っているプレスマンと似たような構造。



(鉛筆シャープより100円ほど安いが、消しゴムはキャップ式で持ち手が堅い。しかし0.9の安定感を教えてくれた感慨深い商品で、大学時代はこいつにずっと世話になった。友人にも手あたり次第勧めまくりました)

作りはとてもシンプル。成型色でひと昔前のシャーペンのように上部のキャップが簡単はずれ芯がいれやすい構造になっている。(消しゴム外して入れるタイプは少々面倒なのでこれは〇)

シンプルながらも必要な機能はまとまっていて、ペン先はパイプ構造でワンノックで先がでる折れにくい構造。
消しゴムは回転で繰り出すものでこれも透明キャップがついて最初からせり出ている消しゴムよりもキャップ紛失の心配がなく、きれいに消しゴムを使い切ることができる。

持ち手はゴムが使われて鉛筆と同じように六角形構造でグリップが非常に安定する。先端がつるつるとプラスティックで作られているシャーペンは結構多く、ピンポイントでしっかりゴムを使ってくれるシャーペンって案外少ないなと思った。


肝心の書き味だが、同じ0.9のプレスマンに比べると0.9なのにシャープに滑らかに書ける印象。 特に大きな感動はなく、このシャーペンならではという機能は感じにくいが、他社シャーペンの優れた特徴を一つに組み合わせて最大公約数の満足できるシャーペンを大手KOKUYOがちゃんと作ったシャーペン。中学生でシャーペンデビューするなら背伸びしてワンコインあたりのシャーペンを買うよりは賢い選択肢だと思う。

折れにくさばかりを追求して、ワンポイントなシャーペンが増えた今日。確かに一つの機能に特化した方がセールスはしやすいが、総合力をしっかりと考えたシャーペンも並行で増えてもらいたい。

個人的に見た目はチープだが、機能は必要なものがしっかり詰まっているというところが文房具ファンの心をくすぐるところではないだろうか? 



 

スポンサーリンク

スポンサーリンク
未分類
tukasamakotoをフォローする
スポンサーリンク
京都のドラッグストア店員ブログ