ジレット プログライドマニュアル 的確なフレックスボールの動きと剃刀負けを防ぐたった一つ?の方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

替刃も含めて2か月ほど試してのレビュー。

剃刀レビューをするなら避けては通れない大御所ジレットのプログライドマニュアルをお届け・・・・はぁ、この間にプロシールドっていうシックの機能を丸ごとかっさらったような上下にジェル機能を搭載した最新モデルを出したのだから後出しも後出しだわなこの記事……

2016-06-08-011335 (1)

ジェルがついているかどうかで肌へのダメージを気にする人は絶対にシェービングジェルよりもフォームを優先してください。顔についたフォームをふき取る作業が面倒だけど絶対に肌へのダメージは減少しますので。

ちなみに本レビューを観る前にこちらもおすすめとなっております。
シック ハイドロ5 大手の底力ここに 剃刀はここまで肌に優しく、ヒリつかなくなった

このプログライドは中央にフレックスボールなるものがついて左右に刃が柔軟に動くようになった。さらにサムライエッジのようにサスペンション機能もあって刃が固定して勢い余ってピッと髭剃りが失敗するリスクが大幅に減った。実際、シェービングフォームを使用していることもあるが、シックハイドロよりは剃刀負けが減った気がする。
さらにサスペンションはついているが過度に稼働するわけでもなく程よく肌に密着して五枚刃が機能するので剃り味が落ちるとか何度も結局剃る羽目になるということはない
ただシック、ジレットの特有というべき1週間タイマーは相変わらず。1週間たった後に使用すると剃り味悪化、剃刀負けが多発する。刃の隙間はシックより気持ち広いのでしっかり洗えばシックハイドロよりは半年程度は持つかなといったところ。 

2016-06-08-011458 (1)
2016-06-08-011507 (1)

個人的にこの銀、黒、オレンジで構成された見た目もなかなか渋くてかっこいい。日常用品だからといって機能的で無難なだけのデザインはつまらない。せっかく普通の剃刀よりも高めのものを買っているのだから見栄えも気にしたい。そんなうぶな男心をくすぐるようなプログライドの見た目は高く評価できるし、ほしいところにグリップ部分にゴム製品を使っているのもにくい。

・・・と数年前のジレット製品よりはフォームを使っていることもあるが剃刀負けも減った気がするし、性能もよくなったと思う。ひと昔前はやたらとジョリジョリ景気のいい音を鳴らして、「もしかして肌切れてる?」とか恐怖を抱くだけだったが、このプログライドは静かに確実に毛をそってくれる仕事人なのだ。
それだけに「人気のハンバーグ店はやはりおいしい」程度のレビューしかできなくてなんだか悔しい(笑)

フレックスボールというアイデンティティもあるし、ジェルが刃についていない分コストも安めで、近場の薬局によったら1000円少しで4枚セットを買える。毎日使うものだけど少しでも機能……でも価格にもこだわりたいなら選択肢に入るのではないだろうか? 


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。