日清 汁なしカレーうどん 黒 もはや大衆食品だけで冷凍食品は語れなくなったのだ

スポンサーリンク

もともとある食品を冷凍食品にしただけでは売れない。もうみんな冷凍食品が10年ぐらいまえとは比べ物にならないほど味のクオリティがアップしていることを認知している。

ならば冷凍食品でしか味わえないものを提供しよう……おそらくその理念がこの商品に反映されていると思う。

2016-06-12-093152

日清 汁なしカレーうどん 黒

混ぜそばやつけ麺というよりは、冷凍食品の十八番であるスパゲティのような感覚をカレーうどんに輸入してしまった意欲作。

2016-06-12-093204
2016-06-12-093231

ひと昔前の冷凍食品は弁当を作る親がメニュー不足を解消するためにひと手間省くための便利グッズだった。ということは味は二の次というか元の揚げ物に勝てる算段が技術問題で見いだせていなかった。

しかし、現在はサポートというよりそのものが主食というほど贅沢になっている。大学生の時は朝にモチベーションをあげるため、わざわざ冷凍庫から冷凍スパゲティをレンジで5分待ちながらニコニコ動画で馬鹿笑いした堕落した日常を過ごしたものだHAHAHA

ただおいしい、便利というのは与える衝撃は大きいものの、やがて飽きられる。それに技術革新が突き進む終着点はどのメーカーも取り入れて、差別化が困難になる。
だったら斬新なフレーバーや商品を冷凍食品として導入してしまえばいいのだ。

2016-06-12-094150

すまん、もっときれいにとってやるべきだった。空腹に勝てず適当に撮るとこうなるのだ!!

まず写真をみてもらえばわかるようになんとも力強さを感じさせる太麺と数回かき混ぜるだけで全体に絡まるカレーソース。このカレーソースそこだまりになるわけでもなく、麺を食べ終えると同時にほぼなくなるのだから計算して分量はいってるわ~~~

一口いれると、これはもうカレーというよりビーフシチュー。味は辛いとか甘いというよりも濃厚でワインを加えたようなコクが感じられる。
スパイスやいろんな隠し味を入れすぎて、肉も歯で髪切るような歯ごたえがあって、一口、二口と味が変わっていく。ビーフシチューうどんと呼ばせてもらおう。 

ただし、見た目のインパクト通りお腹への負担も大きく、女性や子供にはあまりお勧めできない。時間のないときの軽食としてとるにはどうも……もう夜ご飯のメインとして活躍してもらおう。

もはや大衆食品を冷凍食品にして手軽に食べてもらう時代は終わりを告げた。
これからは冷凍食品でしか巡り合えない商品、味付けをメーカーが日々苦悩しながら公開し、YOUTUBERや「俺の嫁は冷凍食品だぜ!!」と言わんばかりに三食冷凍食品の成人の心を満たしてくれることだろう。

全ての肉体労働者に幸あれ!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。