缶コーヒーが飽和する中、ペットボトルコーヒーに風穴を開ける BOSS ホームエスプレッソラテミックスと消費量

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

一本あたり約300円近いが、ミルクと割ることで10杯飲むことができる。
側面に一回あたりのメモリがついており、4倍濃縮とわかりやすいため、市販のペットボトルアイスコーヒーのように「どの程度いれたらいいのか?」と迷う心配もなければ、無駄にいれすぎることも防ぐことができる。

牛乳と割るだけ、自宅で手軽に作れるお店のカフェラテ

をキャッチフレーズにBOSSがペットボトルコーヒーの常識を塗り替えることになった。

商品名は

ボス ホームエスプレッソ ラテミックス

緑の無糖とオレンジの甘さ控えめが存在する。 それぞれ牛乳と割ることで甘さ控えめは「これぞ微糖」と呼べる甘さ。喫茶店のコーヒーにフレッシュをしっかり入れて砂糖一杯分程度の甘さだ。
無糖はミルクと混ぜることで飲みやすいアイスコーヒーに。

4倍濃縮にすることでミルクに負けないコーヒーのコクをアピールすることに成功しており、喉越しがしっかりさわやかで、カフェインの濃さを実感できる。作業中は目がさえるし、後味がさらっとしているため、甘ったるい缶コーヒーとは違ったシーンで気分転換に使える。

本格派をうたっているが、喫茶店レベルの濃厚な豆を感じるコーヒーにはまだまだといったところ。ペットボトルで提供されているため缶コーヒーとは一線を画した味にはできている。「いつものBOSSコーヒーだろ?」と舐めてかかったほうが驚きが大きい。

ただベースが苦いためコーヒーを飲んでいるという雰囲気に酔うことができるし、気分転換に食後、ふろ上がり、作業中とことあるごとにコーヒーを欲する人は経済的にもすっきり無糖の味的にも絶対にお勧めできる商品の一つだ。

2016-05-29-102636
2016-05-29-102652

欠点は濃縮タイプ故、本商品の使用量は抑えられるが、牛乳の消費量がかなり増えてしまうということ。ペットボトルアイスコーヒーをこの商品をメインにしたところ、我が家の牛乳消費量が途端に増えてしまった。

味にもある程度拘りつつ、コーヒーは嗜好品ではなく日本人にとってはお茶レベルでごくごくと飲まれているという消費面に目を向けた日常に寄り添い続けたBOSSならではの鋭い視点の商品。商品名にエスプレッソとかラテとか深い意味は分からないけど日本人が好きそうな単語をちりばめているあたりが憎らしい(笑)

缶コーヒー業界が飽和状態にあるなか、BOSSが本格的にペットボトルコーヒーを侵食した記念すべき商品なので、コーヒー好きなあなたにはとりあえず一杯いや10杯飲んでほしい。 


(夏になったらボトルコーヒーが無性に飲みたくなる。そんな病気にかかっています……)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。