俺はもうこれがないと安心して仕事できない 排便後に訪れる腹痛に対処せよ!! ビオフェルミン下痢止め

スポンサーリンク

ここ2年で自分が最も活用している一般薬を紹介しよう。

2015-11-13-025812

ビオフェルミン下痢止め

最近パラグライダーを活用したCMが盛んに流されているため印象に残っている人も多いだろう。そう思って薬局にかけよったはいいが値段はおよそ1000円也。しかも30錠。適用量使い続ければわずか10回でなくなる。本家ビオフェルミンと比べると少し手が届かないと思って断念したことはないだろうか?


(芸能人を使用したCMのほうが目につきやすいが、私たちが実生活で本当に必要としているものは?)

確かにビオフェルミンと違って幼児は飲んではいけないし、注意書きも多くみられる。でも一度使えば「ビオフェルミンで十分」という今までの常識が一気に腹痛とともに吹き飛ぶことは間違いない。

残念ながら私の家系は腹が弱く、下痢になりやすい体質。下痢と便秘を繰り返す日々が続いている。仕事がらいつでもトイレにいけるわけでもなく、人も少なければ多少の腹痛は我慢しなければならない。そうして訪れる便秘。

便秘が続いて体調もすぐれなければ、人数が少ない日は突然の下痢におびえないといけない。だから起きたらアイスコーヒーを下剤替わりとがぶ飲みする。

ようやく安心して便が出たと思ったら……通勤中にセカンドインパクトが襲い掛かる……

どうでもいい私生活を吐露したが、このビオフェルミン下痢止めは名前で損していると思う。

一般の瓶タイプのビオフェルミンが様々な薬と合わせて飲んでも、幼少期が飲んでも安全な成分を使っており、整腸剤として日常飲むことを想定した一方で、この下痢止めはまさしく頓服として扱う。

もちろんタイミングは下痢が続いたときと思われるが、使用してみて最もありがたいのは

排便後、腸が乱れて発生する腹痛の改善

もうこれに尽きる。朝無理やり便を出そうと無理したり、起きて早々腹痛が起こった場合のストッパーとしてこれを飲んで3分もすれば腹痛が自然と収まる。

特にバス、駅、自家用車など突然の腹痛に対応できない通勤手段をとっている人や駅から徒歩10分以上しかも職場の近くにコンビニがあまりないという危機的環境のなか毎日通勤する人には心強い味方だ。

写真でもわかるようにパッケージで凹凸シートタイプ。小分けにして持ち出すこともできるが本体をそのままバッグにいれてもかさばらないスモールサイズ。下痢止めであるが匂いもほぼなく15歳以上は3錠推奨だが、腹痛を止めたいときは2錠で十分だ。

ちなみに、この薬を使用して、突如として便がとまり一週間近い便秘に悩まされたとかそういう経験はない。

ビオフェルミンはあくまで整腸剤。サプリメントのように日常的に飲み続けたり、急な下痢止め、便秘に対してはゆるやかに働く。だからどうしても腸に対して「ここ一番で」働いてくれる薬を持っておきたい。私はもう切れかかったら薬局にかけこんですぐに新しい下痢止めを常備することを心がけるほど信用しきっている。

もうこれがないと毎日電車20分、徒歩15分程度の通勤が怖くて仕方ない。下痢、便秘、そして排便後に襲い掛かる腹痛に苦しんでいるあなた?一度購入検討をおすすめします。

全ての肉体労働者に幸あれ!!

ブログ内関連記事

恐怖 水様便との苦痛な日々
(矛盾するようですが、水様便の際に下痢止めは絶対しようしないように。こちらはもっと悲惨な腹痛と下痢の話)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。