10月2日から!! 金曜日の京都市営地下鉄の終電が30分延長されるという話

スポンサードリンク




金曜日における地下鉄の終電延長について

どうも、京都府生まれ、京都市育ちの司 真です。

今回、京都市交通局から10月2日の金曜日より、地下鉄東西線、烏丸線の終電時間が30分延長されたというニュースが飛び込んできた。

サイトや駅内の広告で宣伝されているので、終電を逃す悔しいおもいをしている人には真っ先に飛び込んだ朗報だ。

私が良く活用する阪急電鉄は終電が日をまたいで12時20分ほどなので、金曜日は阪急と地下鉄の終電のタイミングがほどよくあう。次の日は休日なので駅近くの飯屋へ食べ歩いたりできるし、タクシー代が浮くのは本当にうれしい。

京都市営地下鉄は消費増税に伴い250円以上の区間は+10円されるようになった。例えば自分の最寄駅から京都駅に電車ででかけようとすると260×2の520円で大変おさまりの悪い金額になった。
地下でのコンビニ、パン屋などの駅チカ展開はされているが、やはり根本の終電増加は利用者としては喜ばしい。

年末年始以外のほぼ一年を通しての施行や、3年は試用期間として様子をみるそうで、営業延長による人件費やコストよりも利用者の増加による利益が見込めればさらに他の曜日でも展開されそうだ。

最近、バイト情報誌をみても朝から晩ではなく昼から深夜までの募集だったり、交通費を支給する募集が増えているため、昨今の就職環境を鑑みてもこの終電増加はいたしかたなしといったところか。

ちなみにこの最終電車の増発ダイヤについて京都市は現在、愛称を募集している。
募集期間は9月7日まで、メールと手紙双方で受け付けており、上位三名に採用されると最優秀賞は6000円、
優秀賞は3000円のトラフィカ京カード(10%の上乗せがあるので実質6600円、3300円分の利用が可能)が贈呈されるという。

みうらじゅん並みにネーミングセンスがあると自負される方は、募集要項に京都府民でなければならないという資格はないため、奮って応募してみてはいかがだろうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。