尻ズレを引き起こす厄介な尻毛を適度に刈り取るエチケットカッター

スポンサードリンク




まずはじめに本記事はとってもお下品なないようを含みますので、食事中や女性の方は素直にブラウザバック推奨です。あと個人の感想100%で根拠なんて全くないです。

さて、エチケットカッターという製品をご存じだろうか?いや鼻毛カッターといったほうが分かりやすい。

ネットショップや家電量販店でわずか1000~2000円程度の金額で購入できる活かした商品だ。鼻毛抜きというのは手で抜くイタ気持ちいいを味わうMイベントでもあるが、ジャリジャリと髭をそるように軽快な音を鳴らして、定期的に雑草のごとくはえつづけてきた鼻毛を一層するのもまた違ったドSな快感に浸れる。

この商品の最も優れているのは全てを抜ききるのではなく適度な長さに残しておくところだ。

仮に鼻毛や他の毛を徹底的に抜ききったら生え際の毛は尖って痛痒い状況を作ってしまう。適度な長さにおさえるようにそれるから素晴らしいのだ。

アマゾン検索で見当たらなかったので使用した製品は直接URLにてのせておく

Panasonic エチケットカッター 赤 ER-GN10-R

さて本題はここから……

さてこの商品を本当にエチケットな部分に使ってみたらどうなるのだろう?

いやいやごくごく現実的な使い方で。

単刀直入にいえば肛門のまわりをディフェンスするように生い茂る尻毛だ。

エステや通販でも脱毛クリーム、コースが存在しているので嫌っている人は一定層いるはずだ。ただし脱毛クリームなどは粘膜のある肛門にあてがうというリスクがいかほどであるかは深く検証されておらず、完全な自己責任にゆだねられるところ。

ちなみに筆者がなぜ尻毛にこだわるかというともちろん見た目てきなものではなく、「尻ズレ」という切実な理由がある。

排泄後充分に肛門をふき取ったとしても尻毛は多少なれども湿る。汗をかくと当然湿る。湿ってこすれ合うことで肌が赤くはれて痒みと痛みを引き起こす。ひどい時は少しでも内またで歩くと痛みを感じて、その場で悶絶してしまう。

当初は、オロナインなどを試すが充分な睡眠をとらないとなかなか数日では治らない。ためしにハサミを使って意外と生い茂っていた尻毛をきっていたが、やはりいつかは肛門を傷つけるかもしれないという恐怖、そしてハサミなら長い部分しか切ることができないという結論に行きついた。当然、脱毛クリームも憚られる。

そんな時に試しに風呂上がりの清潔な状態でエチケットカッターを使用してみたが、毛にカッターの一部があたれば切れるし、よほど故意に強くあてなければ傷のリスクもハサミよりはるかに低い。そして前述の通り適度にそれる。
肛門の毛は視認できないエリアでありながら意外と広いので、ハサミで試し続けるのは絶対的な限界があるが、エチケットカッターはそれをクリアできる。

切りすぎるわけではないので、生え際のむずがゆさも少なく、適度に毛は残るため毛が全くない状態でも皮膚と皮膚が接触してかぶれるため(本当にやっかいだよな)これってかなりいい解決法の一つではないのかなぁと思う。何事も適度って大切だよね。

抜くとか完全に切り取るというのは多少のリスクもあるし、素人がなかなかできるものではないが、電源をいれてぐるぐるあてがうだけでローリスクで適度に切れる。エチケットカッターの凄さって結局はこんなところだろうか。
家に2~3本ある人は多分尻毛、鼻毛、耳毛と使い分けているはず……。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。