龍角散の秘密兵器? 頼れるマンゴー風味の龍角散ダイレクト

スポンサーリンク

睡眠不足か咽喉が腫れて、唾を飲み込むたびに痛みが走るので薬局に駆け込んでトローチ売場からこれを選んだ。

香川照之がCMで紹介している龍角散。あれは一般のコンビニやスーパーで売られている咽喉飴だが、今回は医薬品であるトローチに手を出した。
りゅうかくさん ダイレクト

まず、本商品は第3類医薬品であり、のどに関する明確な症状が出ない限りに気軽になめてはいけない。用法・用量を守って正しくおつかいください。

中には4錠×5の20錠のトローチが一個ずつ区分されるようにパックにとじられている。開けてみるとマンゴーの匂いがほのかに香る程度。
口にいれたら生薬を配合しているだけあって、粉薬を飲んでいるような粉っぽさがまずやってきて次第にマンゴーの風味が広がっていく。
マンゴーの優しい風味と適度に効いたメントール成分の影響か、咽喉の痛みは飲んですぐにやさしくおさえられる。どちらもほのかに広がる程度なので、メントールがきつい咽喉飴が苦手な人にもお勧めできる。

次にトローチを飲む場合は2時間の間隔を空けなければならないが、1時間程度はこれ一つで持つかもしれない。

用法を守って3錠ほど飲んだ結果、自然治癒では2~3日ほどかかる咽喉の痛みもわずか1日で快復に向かった。 

便利なトローチでさすが龍角散と言いたくなったが、咽喉の痛い時は熱への黄色信号だから薬で無理に治そうとするよりも観念してすぐに睡眠をとったほうが遥かにいいと改めて気付かされた。すぐに咽喉がなおったことで調子にのって夜更かししてちゃあね……

でも、どうしても次の日に外食に行く予定があってそれが高級料理だったりしたら咽喉の痛みも万全であったほうがいい。どうしても咽喉の痛みを取らねばなるまいという人には提案したいトローチだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。