検証 ユンケルスターは本当に効くのか? 最高級栄養ドリンクの効果はいかに!!

スポンサードリンク




2014122111360000

中学生のころ、よくリアルゴールドやドデカミン、オロナミンCといった全年齢でも飲める栄養炭酸ドリンクにはまっていた。
ただ次第にCMで放映されていたリポビタンやアリナミンを飲んでみたくて仕方がない衝動にかられた。

律義に15歳まで待って飲んで「ふーんこんな味なのかぁ」とこぼしてから数年が経過し…

一時期はかなりCMがされたが現在では落ち着いた印象のあるゼナ、ユンケルの存在を知る。ゼナ、ユンケルは最も安いスタンダードタイプの価格もそれぞれ500円を超える。そのためコンビニではモンスター、レッドブルからアリナミン、リポビタンといった高くても300円前後までの栄養ドリンクが中心でゼナやユンケルはあっても一種類程度

ゼナ、ユンケルを飲んでみた感想だが、とにかく濃い。普段飲んでいる栄養ドリンクの味を何倍も濃くしたような味でゼナは風邪薬のような苦味が少しあって(それでもまずさまでには至らない)、ユンケルは甘みが強い。両者の共通点は飲んだ瞬間とにかく咽喉に負担がかかる。ものすごい甘いものを口へ一気に流し込んだとき、咽喉がやけるような感覚になったことはないだろうか?その感覚に酷似している。

そのため咽喉が渇いている時、しばらく水を含めない状況の時は控えたほうが良い

さて、その後ユンケルにもゼナにも価格や効果が上位のドリンクが存在することを知る。
その中でもユンケルの最上位で最高級ドリンクであるユンケルスターなるものを発見した。
公式サイトの製品一覧

年末で非番が一つ消えたため、これが絶好の機会と考え、購入してみた。
2014122111370000

メーカー希望価格は4000円近いが、ネットなどでは一本2000円以下という半額以下の価格で購入できる。今回は薬局で一本3200円だったが、なんと二本セットで4000円、つまり一本あたり2000円という超お得(金銭感覚混乱)価格で購入できた。

今回は、メーカー希望価格とネット価格の間をとって3000円を基準に飲んでみる。基準は時給800円換算の4時間で3200円。4時間疲れを全く感じることなく働ければ元が取れたと考える(本当は一日ずっとが理想だが)

そして6連勤のラスト5,6勤目に一日仕事前に一本ずつ飲んだ結果を報告する。

中身は金の蓋、箱の中が赤いという高級感あふれる仕様…でも蓋をとると
2014122111380000

量はスタンダードタイプとあまり変わらない。
味はただでさえ濃いスタンダードをさらに濃くしている。甘みが強かったスタンダードだが様々な生薬エキスが配合されているため苦味、酸味などが後から加わって形容しがたい味になっている。人によっては薬っぽくて馴染めないだろう。どちらにせよ飲みやすい味ではない。

さて結論から言うと
眠気、空腹に効果がみられるが疲労感はスタンダードタイプの完全上位だと感じられない

曖昧で申し訳ないが栄養ドリンクの性質や飲むシュチュエーションで感じ方は千差万別になるためお許しいただきたい。

つまり集中力が落ちにくく、意識も長時間しっかり保つことができるという点では非常に優れており、受験前の大事な一晩、もしくは受験当日。大事なプレゼンテーションといった集中を伴うデスクワークなどには効果は絶大だと感じられる。眠気は全く感じられず、空腹もいつもよりあまり食べずに働き続けたが様々な成分が胃の中で働き続けている影響か感じられなかった。

逆に栄養ドリンクが最も効果的とされる肉体労働。身体の痛みが少し緩和されるわけもなく、歩きつかれ、作業疲れは解消されず残ったまま。常に痛みと疲労感は感じられる。まぁ痛みはさすがに無理だとしても疲労感、だるさというものは仕事が連続する限り睡眠だけでも改善されない面があるので栄養ドリンクになんとかしてほしいという神頼みなところがあった。疲労感がとれるかどうかは個人差によって大きく委ねられるため、期待をしてはいけない。

この商品は毎日飲むようなものでは当然ない。サトーも「ここ一番の疲れ」と飲むタイミングは一時であることを推奨している。定期的に買ってもいずれ財布がすっからかんになる価格だ。

「高い栄養ドリンクを飲んでいるから大丈夫」というプラシーボ効果もさすがに3000円台の商品ならば想像でどうにかできるレベルではなく、正直なところ本当に高い栄養ドリンクが欲しいと思った時はゼナとユンケルのスタンダードを飲んで凌ごうと考えているので、当分はユンケルスターを飲むことはないと思われる。

仮にハードなデスクワークに従事したり、一日中ブログを書き続けたいなんて状況になったら服用するかもしれない。

最後に話はそれるが、はじめて栄養ドリンクを飲んでみたい方はいきなりゼナ、ユンケルというのも濃すぎるためチオビタドリンクやエスカップなど味の薄めで飲みやすいものから試してみるといい。筆者はアリナミンの味が最も好きだ。そのうち効き栄養ドリンクを芸にする人が現れても面白いかも・・・しれない。

ブログ内関連記事

再検証 今度はゼナキングを試してみる
(ゼナにも最高級モデルがあったのです)

栄養ドリンクもめ・い・じ!! 活蔘 栄養ドリンク第3の勢力になるか?

滋養強壮剤 プラセントップ錠 定期的に飲める栄養剤の効果はいかに?
(固形の栄養剤をつかってみた感想)

コンビニでは売られていない新感覚栄養ドリンク? カラオケボイスドリンクの効果はいかに?
(ジャンカラで一時期サービス配布されており、200円ほどで購入できるドリンクです。ハーブと蜂蜜の絶妙な調合により飲みやすく、栄養剤としての有用性もあるかと)

甘酒を飲み始めて一週間もたっていないが 第四升 アマゾンで最も評価をあつめたぶんご銘醸の米麹甘酒
(これを毎朝、出勤前に飲むことで一日集中力が持続して、疲れも軽減されました)

最後まで記事を読んでくださってありがとうございました。
当ブログは隔日更新の雑記になっています。
面白いと感じてくださった方はツイッターのフォローお願いします。

司 真

その後……

本ブログでこの記事は意外と読まれている事実に気づきながらも、画像ファイルを失っており中途半端になっていました。運よく携帯で撮った写真だったため、残っており今回めでたく復元できました。

ちなみに栄養ドリンクについては現在、甘酒のレビューをシリーズ化していますので、興味のある方はそちらをどうぞ。「俺はあえて甘酒を飲む」タグから一覧が見られます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。