今プレイしても斬新なゲームアーカイブス サイヴァリア かすらせるための動機づけのうまさ

スポンサーリンク

PS3がPS2の互換機能を失ってからはや数年。PS2アーカイブスのランナップ拡張はPS4のミドルユーザー取り込みのためにも是非とも行っていただきたい。

そんな中、突然「真・三國無双3」と共に舞い降りたSTG「サイヴァリア」を今回紹介したい。


(サイヴァリアの紹介は14分30秒~。なおこの動画で紹介されている作品は全てアーカイブスで購入可能だ)

サイヴァリア コンプリートエディション 通常版 サイヴァリア コンプリートエディション 通常版
(2002/03/28)
PlayStation2

商品詳細を見る

(1200円で販売中。システムの礎を築いたミディアムユニットとBUZZシステムの可能性を向上させたチューン版のリビジョンの二作が同梱。おそらく多くの方はリビジョン版をプレイすることになるだろう)

サイヴァリアがアーカイブスに登場した背景には、プレミアム化が始まっていたこともあるが何より同じサクセスから発売された姉妹作(システムは大きく異なる)といえるザンファインがネットで高い評価を受けたことが要因だと思われる。
ザンファインの記事

ザンファイン SuperLite1500シリーズ ザンファイン SuperLite1500シリーズ
()
不明

商品詳細を見る

(手元に2000円分あればサイヴァリアと共に購入できる。PSPに移して最も手軽に楽しめる作品の一つ)

かするための動機づけ

サイヴァリアは一見すれば弾幕STGだが、かすることにより自機をパワーアップさせるBUZZシステムを導入したことで話題を集めた。このゲームをプレイした者は一様にBUZZシステムによる中毒的な快感を絶賛する。

私はプレイする前に弾をぎりぎりかすらせるだけのどこが気持ちいいのかと半信半疑の気分でコントローラーを握ったが幸いにも私の大きな誤解に終わった。

では、なぜかすらせることが気持ちいいかを以下に列挙してみる。

①ゲームシステムによる動機づけ

サイヴァリアのパワーアップ方式は他のSTGのようなアイテム取得ではなく
・敵機に攻撃を当てる
・敵弾をかすらせる
ことによりレベルアップさせていく方式をとっている。撃墜されたとしてもレベルダウンすることはなく、レベルアップをすればするほど攻撃範囲の拡大と自機の見た目が変化する。

さらに特定のレベルに達するとさらに高難易度ステージへと分岐していく。サイヴァリアは基本コンテニュー無限のその場復活方式なので単純にクリアするだけなら誰でも20分程度で可能だが、レベルをあげて高難易度ステージに挑戦していくことで向上心を刺激させたほうが面白い

レベルアップを重ねれば「レベルアップ」というアナウンスと共に自機がみるみるとパワーアップし、ステージ選択の幅も広がるため、プレイヤーは自発的にレベルを上げたくなる仕組みになっている。そして、かする行為はレベルアップのために必要不可欠なのだ。

②体感的な動機づけ

家庭用限定ともいえる機能だが、かすらせることでコントローラーが振動する。ずっと弾幕のあいまを縫ってかすらせつづけると振動が続く。

STGに振動機能のついた作品というものは案外少ない。さらに振動したとしても撃墜された時が多く、快感よりもショックの意味合いが強くなってしまう。

逆にサイヴァリアではかするというプラスの行為が振動につながるため、振動させることが快感で脳内麻薬を刺激する要因になっている

また体感のみならず、かすらせた際のSEも大きめに設定されており、斬撃や銃撃を敵に与えるのと同じくらいかすらせる行為が気持ちよく感じられる。

③かすらせる楽しさを提供する補助輪

「いやぁ~でもかすらせるのって難しいんでしょ」
としり込みする人もいることだろう。

そんな人でも安心できるようにRまたはLボタンを押し続けることで自機がローリングする機能が家庭用で備わっている。

ローリングさせることによってどんなメリットがあるかといえば
・かすれる範囲が広がる
・当たり判定が小さくなる
・強力な放射レーザーが使える

弾幕ゲームにおけるレーザーは敵の弾をさばききれない一長一短のシステムだが、他二点のメリットとむしろ敵から弾を出させた方が効率的にレベルアップできる独自のシステムからデメリットが軽くなている。

このローリング機能はもともと自機を上下左右に小刻みに揺さぶることで発動するいわばテクニックである。強力な特性を得るためにあえて被弾しやすい行為をとるリスクリターンの綺麗なシステムだったが、初心者が小刻みに動きながら敵弾をかわす技術は一朝一夕では身につきづらい

ローリングボタンの採用は確かにゲームの難易度を低下させているが、「怒首領蜂」のスローボタンと同じように補助輪として用いたい。
まずはゲームの本質的な面白さを体感したうえで慣れてきたら元のように小刻みに降ってローリングさせればいい。

他にも1プレイあたりのプレイ時間の短さや弾幕、ボスギミックの演出の巧みさがひかり総合力の高いSTGになっている。STGフリークは間違いなくプレイしているだろうが、弾幕ゲーム初心者の方には最優先でプレイしてもらいたい作品になっている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。